お金の話

イラスト分野でのストック型ビジネスの種類についてまとめてみた

この記事は、以下について解説しています。
・「ストック型ビジネス」とは?
・イラスト分野におけるストック型ビジネスは何があるの?
・ストック型ビジネスを行うにあたっての注意点

かげひと
かげひと
こんにちは!イラストレーター
無印かげひと(@kage86kagen)です!

今回は「イラストレーターの収入やお金」に関する話になります。

イラストを描いて収入をもらうイラストレーター」という職は、実は想像以上に大変です。毎月決まった日にお給料をもらえる会社員とは違い、イラストレーターは自分の働き方次第で収入が激しく変動します

コーヒーさん
コーヒーさん
連載を持っている漫画家や、雑誌の表紙を手掛けている専属イラストレーターならまだしも、こういった連載物のお仕事を持っていない人だと、収入が安定しなくて大変だよね。
ワインさん
ワインさん
ただ、連載のお仕事を持っている人であっても、雑誌の打ち切りなどが突然決まったら、その時点で安定した収入は得られなくなりますからね…。

収入が不安定であるイラストレーターの多くは、会社員の平均収入を下回る収入額の方が多いのではないでしょうか?現在イラストレーター2年目である私も、余裕のある暮らしはまだまだできそうにない経済状況です。

イラストレーターとして働いているけれど、まずは月の生活費を余裕で支払えるぐらいの収入が欲しい…!という方には、普通のイラスト依頼をこなす以外に「ストック型ビジネス」を育てていくことをおススメします。

ということで、今回は「イラスト分野でのストック型ビジネス」についての説明と、この働き方にはどんな手段があるのかをまとめてみました!

・自分1人で描いて食べていくのはキツい!稼ぎに限界がある!
・「ストック型ビジネス」で不良所得を手に入れたい!
・「ストック型ビジネス」と「フロー型ビジネス」を両立させたい!
などなど…、主に個人イラストレーターとして活動している方向けの話になります。ぜひ参考にしてみてください!

ストック型ビジネスとは?

働いてお金を貰う方法というのは、ただ単に「会社に行って働いて、ノルマをこなして給料をもらう」…といった方法だけではありません。実は、一括りできないほど様々な働き方があります。

コーヒーさん
コーヒーさん
農家だったら、野菜を作って直売店で販売したり、野菜を漬物にして通信販売したり…っていう働き方の手段があるよね。

イラストレーターの主な稼ぎ手段は「絵を描く」というのがほとんどですが、その働き方をさらに細かく見ていくと、書籍の表紙を描いて収入をもらったりあらかじめ描いたイラストをネット上で永久的に販売したりなどというように、実は多種多様な働き方があります。

上記のような「働き方(ビジネスモデル)」というのは、主に2つの考え方に分けられています。

一つは「フロー型ビジネス」と呼び、
もう一つは「ストック型ビジネス」と呼ばれています。

先ほどの例に当てると、

  • 書籍の表紙を描いて収入をもらう」働き方が「フロー型ビジネス」、
  • あらかじめ描いたイラストをネット上に投稿し、永久的に販売」することを「ストック型ビジネス

…と呼びます。

フロービジネスとは、言葉そのままに「一度商品やサービスを売ってしまえばそこで終わってしまうビジネスのこと」をいいます。

一方、ストック型ビジネスは、仕組みやインフラを作ること(定額サービスの提供)によって継続的に収益が入るビジネスモデルのことをいいます。

音楽動画の配信サービススポーツジム代レンタルオフィスなどがその一例です。

売り切り型ビジネスと比較して、仕組みづくりや顧客獲得に時間や労力がかかる場合が多い一方で、定期的な収益が見込める点が異なります。

引用元:KINCHAKU(https://www.kinchaku.com/blog/flow-stock-business)

フロー型ビジネスその都度商品を販売する働き方
ストック型ビジネス一回きりの販売ではなく、継続的に収入を得ることが出来るような仕組みを作る働き方

実は、「ストックイラスト」も「ストック型ビジネス」の一つに分類されます。
(ストックイラスト:自分が描いたイラストをストックサイトに登録しておき、そのイラストが販売されたら報酬を貰えるビジネス)

ワインさん
ワインさん
こうして見ると、イラストレーターが活躍できる場所は多岐にわたるんですね。

イラストレーターは収入が低め…

イラストレーターの収入は、昔から割と低い傾向にあります。なんでも、正社員の平均収入よりも数十万円低いんだとか…。

平均年収ランキング(平均年収を検索)(公開日:2020/12/7)

全業種の平均年収:409万円
イラストレーターの平均年収:336万円

引用元:doda(https://doda.jp/guide/heikin/search/)

かげひと
かげひと
数値で見ると、現実感が増しますね。

イラストレーターが高収入を目指す事自体が難しい世の中…。
そんな中で、も収入を上げるための手段として「たくさん仕事を受ければいいじゃないか」と思うかもしれませんが、はっきり言うと、個人のイラストレーターでたくさんの仕事を受けることには限界があります。

コーヒーさん
コーヒーさん
絵を描くというのは時間がかかるからね。手が4本あったり、頭脳があと2,3個多ければ、たくさん仕事出来たのになぁ…。
ワインさん
ワインさん
…まるで妖怪みたいですね。

お金に関する少々寂しい話をしてしまいましたが、イラストでより多くの収入を得る方法として、超売れっ子イラストレーターになるか、もしくは普通に仕事を受ける(フロー型ビジネス)以外に「ストック型ビジネス」の働き方も組み込むこと、この2つが主な手段と思われます。

超売れっ子イラストレーターになるには、時代の流れ画力、果ては「」要素も絡んでくるので、すぐに超売れっ子イラストレーターになって高収入を目指すことは現実的ではありません。

そのため、フロー型ビジネスをやりつつストック型ビジネスを育てていくことが、月の収入を少しでも増やすための近道となるかもしれませんね。

実はイラストはストック型ビジネスと相性がいい

イラスト業界におけるストック型ビジネスというのは、主に「あらかじめ描いていおいたイラストをネット上で販売したりグッズ化して販売」したりすることが主流になると思われます。

イラストを売るための販売手続きや準備さえ整えてしまえば、後は勝手に購入してもらい収入が入る…といった流れを構築することが可能です。

ストック型ビジネス」を行うために必要なものは、もちろん「自分のイラスト」。これさえ用意しておけば、後は自分の分身たちが出稼ぎに行ってくれます

他の業種の場合だと、こういったストック型ビジネスを行うには中々難しいですが、ことイラストに関してはストック型ビジネスと相性がいいため、通常のお仕事をやりつつ、ストック型ビジネスようのイラストやグッズを作る→販売準備…といった作業が出来やすいです。

ワインさん
ワインさん
ペイントソフトで描く方の場合、野菜やお菓子などの「実物」を販売する事とは違い、在庫を抱えることもありませんからね

イラストに関するストック型ビジネスの種類

さて、ここまでは「イラストで収入を得るための手段として、ストック型ビジネスという働き方もあるよ!」と説明してきましたが、具体的にどのような働き方や手段があるのでしょうか?

そこで、イラストに関する「ストック型ビジネス」が見込めるサービス等について、ざっくりと簡単にまとめてみました!

  • ストックイラスト
  • LINEスタンプ
  • BOOTH
  • PIXIV FANBOX
  • NFT
  • オンラインサロン
  • ブログ
  • 電子書籍

ストックイラスト

イラスト素材・ベクター素材のピクスタ

やり始めやすさ ★★★
稼ぎやすさ ★★☆

このブログの愛読者なら何度も見かけている「ストックイラスト」という言葉。言わずもがな、イラスト業界において有名な「ストック型ビジネス」の働き方の一つと言えるでしょう。

ストックイラスト」というのは、ストックサイトという「写真やイラストの素材」を販売しているサイトに自分のイラストをあらかじめ投稿していき、そのイラストの「利用料サイトによっては「著作権料」)」を購入されることにより、報酬が発生する仕組みのサービスを言います。

  1. 自作のイラストを投稿しておく
  2. サイト側の審査後、ネット上で販売
  3. イラストを必要としている購入者が買う
  4. 購入額の何%かが収入として手に入る

ストックサイトで有名どころというと、「PIXTA」や「Adobe Stock」、「イラストAC」といったサイトがよく聞く名前です。

自分が描いたイラストをサイトに投稿し購入されて収入になる…。「なんだ、簡単そうじゃん!」と、初見の方にとっては魅力的なストック型ビジネスではありますが、イラストを登録すればするほど収入も見込める…というわけではありません。

ストックイラストで収入を育てていくためには、ある程度「戦略」を立ててイラストを制作&販売する必要があります

いかにして購入してもらえるか」といった買い手の目線でのイラストを投稿していかないと、思うように収入には繋がりません。しかし、アーティスト路線ではない職人タイプのイラストレーターの方の場合は、使用者目線でのイラスト用途について考えることができるため、結果的に「売れやすい、使われやすいイラスト」という感覚を学ぶことが可能です。

不労所得を育てつつ、買い手が求めるイラストのタイプを勉強することができる…。イラストレーターにとっては一石二鳥なビジネスですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

LINEスタンプ

やり始めやすさ ★★☆
稼ぎやすさ ★☆☆

もはやほとんどの人が使用しているであろうアプリ「LINE」ですが、LINEで会話をする際に何かと便利なのが「スタンプ機能」。このスタンプは、クリエイター登録することで自分自身がスタンプ販売者になることが可能です。

LINEでスタンプを販売するためには、制作ガイドラインを守った内容のイラストで、

  • スタンプ画像(最大40個登録できる)
  • メイン画像 1個
  • トークルームタブ画像 1個

最大で42枚ほどのイラストが必要になります。

これらのイラストを準備し、LINE側で「審査(販売基準を満たしているかどうか)」が通れば、晴れてLINEスタンプを販売することが可能です。

LINEスタンプを購入する人は予想以上に多く、LINEスタンプを登録&販売するという稼ぎ方も「ストック型ビジネス」として見込めるでしょう。

気になる売り上げについてですが、スタンプ販売数のランキング上位を除いて見ると、売り上げ額がかなり高い方もいるみたいです。LINEスタンプの売り上げだけで生活できるほどの金額を手に入れている方もいました。

しかし、これはあくまで販売上位のクリエイターのみ…。今やLINEスタンプクリエイターはたくさんいるため、登録してからすぐに売り上げに繋げるためには、ある程度の知名度が必要だったり、とびっきりの運が無い限り難しいと思われます

また、スタンプが売れた時の「分配(収入)」についても少し低めだと感じています。

AppleやGoogleなどの手数料30%を除いた売上の50%がご登録の口座に振り込まれます。(2021年9月7日現在の表記)

引用元:LINE CREATORS MARKET(https://creator.line.me/ja/howto/)

コーヒーさん
コーヒーさん
…なんだかややこしい書き方だね。つまり、売り上げ金を100%として、そこから手数料30%を差っ引かれ、残った70%の半分(つまり50%)が手元に来る…ってこと?
かげひと
かげひと
例えばの話、100円の売り上げがあったら、まずは30円が手数料として取られ残った70円をLINEとクリエイターで半分こするので、実質45円が手取りといったところでしょうか。

こういったサービスを介して販売すると「手数料」というのがつきものになりますが、予想より意外と徴収されるみたいですね。

余談ですが、私も2013年頃に興味本位でLINEスタンプを制作した時期がありましたが。ただ、この頃から既にLINEスタンプのクリエイターが多かった上に、スタンプを40個も作るというのが意外と大変だったため、途中で挫折してしまいました。

無名イラストレーターの方がLINEスタンプを販売する際、予想以上に売り上げが無くて落ち込むこともあるかもしれません。ただ、何かをきっかけに自分のスタンプがブームを起こす可能性もあります。普段からLINEを活用している方であれば制作にとっつきやすいと思うので、こちらもおススメです。

BOOTH

やり始めやすさ ★★★
稼ぎやすさ ★★☆

BOOTH」というのは、お絵かきSNSサイトpixivで有名な「ピクシブ株式会社」が運営している「創作物の総合マーケット」、いわば「グッズ販売」が手軽にできるサービスサイトです。

自分のイラストで制作した缶バッジTシャツ、なんと自作のゲーム等も販売することが可能です。私もグッズ販売する時に何度か利用しました。

自分の物販ブースをネット上に作成できるため、販売クリエイターのファンが好きな時間に購入してくれるストック型ビジネスの収入としても期待できます。

また、売り上げに際しての「手数料」についても良心的です。グッズ売り上げ金額から「サービス手数料(5.6%+22円)」が差し引かれて、なんと売り上げの90%以上を受け取ることが可能です。

コーヒーさん
コーヒーさん
すごい良心的!
ワインさん
ワインさん
確か、2020年8月26日にこの手数料に改訂になったんですよね。その前はもっと安く「3%台」でした。

参考サイト「【BOOTHチームからの大切なお知らせ】決済手数料の変更について」(BOOTH)

グッズ販売する際は、必然的にグッズ制作の作業が必要になりますが、同じ会社が運営している「pixivFactory」でグッズを制作し、そのまま「BOOTH」で販売することも可能です。この手段を取ることで、自分の家にグッズを置いておく(在庫を抱える)必要はありません。

それ故に、BOOTHの欠点を上げるとすれば、自分の手で制作したグッズを販売する時は、購入者への発送手続きをしなければいけないところが、唯一手間がかかるところだと言えます。(ただし、BOOTHで「倉庫」を借り、預けてもらうといった手段が可能です。倉庫代金がかかりますが…。)

BOOTHの利用はアイデア次第で無限大ですので、上手く利用すればストック型ビジネスとして有効活用できるかもしれません。

PIXIV FANBOX

やり始めやすさ ★★☆
稼ぎやすさ ★☆☆

こちらもPIXIVの兄弟サイトになります。PIXIV FANBOXというのは、いわゆる「好きなクリエイターを支援するコミュニティサービス」です。

クリエイターが定めた支援金(月額100円~10,000円まで設定可能)を購入者が支払い、そのかわりにクリエイターはメイキング画像の公開自作のブラシを販売する…といった有益なサービスを提供します

イラストレーター、特に漫画やアニメ系のイラストを描く方の利用率が高く、2021年1月時点でクリエイター登録数が12万人を超えています。

かげひと
かげひと
ちなみに、PIXIV FANBOXそのものを利用しているユーザー数は780万人です。

今年で3周年を迎えるサービスですが、昔はこういったようにクリエイターを気軽に支援するサービスがそんなに存在していませんでしたので、とても画期的なサービスだと感じています。

コーヒーさん
コーヒーさん
クリエイターとファンの間がグッと近くなるサービスだね

支援金をもらえるのは本当にありがたいことですが、ファンに支援をしてもらうからには、クリエイター側もそれなりの「サービス」を提供するのが筋道です。

先ほどのように「限定ブラシ」を公開したり、「FANBOX支援者限定のイラスト」を提供したりなど、相手が有益になりうるサービスや情報を積極的に提供していきましょう。そうすることで、ファンが離れる可能性は少なくなります。

NFT

やり始めやすさ ★☆☆
稼ぎやすさ ★☆☆~★★★(未知数)

今年に入ってから日本国内で認知度を広めている「NFT」。この「NFT」というのを超簡単にざっくり説明すると、「この世に1つしかないデジタルデータ」という意味になります。

例えば、「世界に一つしかないモナリザの絵」、「世界に数個しかない野球選手のサインが入った野球ボール」、こういったものの「デジタルデータver.」みたいな感じです。

これを「NFT化(デジタルデータに”シリアルナンバーみたいな証明を付ける事”)」することにより、唯一無二のデータとなります。そのデータをオークションにかけたり、投資家に気に入られて買ってもらったりする文化を、ひとくくりにNFTと呼ばれています。

このNFTは、時には思いもよらない額で売れることもあり、日本人クリエイターでも「動画作品が約1,000万円で売れた!」というような夢のような出来事が実際に起きています。

かげひと
かげひと
一見、どちらかというと「フロー型ビジネス」のようにも思えますが、将来的に「ストック型ビジネス」も期待できる代物です。

なぜかというと、NFT化されて購入者に買われたイラストデータは、購入者の意志によって「転売」することが可能です。この転売をする際に、転売した時の料金の何%かをNFT化した本人も受け取ることが可能だからです。(※これは、NFT販売サイトによって異なります)

コーヒーさん
コーヒーさん
転売された時の金額の何%かが、NFT化(クリエイター側)した本人にも振り込まれるのか!すごいね!
ワインさん
ワインさん
古本屋に本を売りに出しても著者には一銭も入りませんが、NFTだとそれが可能なんですね!

しかし、NFTという文化は世に出てからまだまだ日が浅いですし、稼げるかどうかは本当に未知数です。このビジネスも”有名”か”無名”かで状況が異なりますが、無名クリエイターでも将来有名になれば作品自体の価値が上がる可能性があります

数年後には高値で売買され、その何割かをもらうことができる事も考えられますし、そういった可能性を求めて、NFTについて今のうちに勉強しておくのもいいかもしれませんね。

かげひと
かげひと
どちらかというと「アーティスト気質のイラストレーター」に合いそうなビジネスですが、今後の展開に注目ですね。

オンラインサロン

やり始めやすさ ★☆☆
稼ぎやすさ ★★★

オンラインサロンというのは、サロンに入会した会員が月額でお金を支払いサロンの主催者は対価として限定イベント講座を行ったり、有益なコンテンツを提供したりする仕組みの事を言います。いわば「コミュニティ」です。

2020年に入ってからは急速に普及しており、サロンの内容は動画編集講座プログラミング講座、果ては「お金持ちになるための講座」などなど、たくさんのコンテンツが存在します。

イラスト業界においても、「オンラインサロン」を立ち上げている方はたくさんいるようで、

  • イラストを短期間で上手に描くための講座
  • プロのイラストレーターを目指すための講座
  • 雑談しながらみんなでわいわいお絵かきかいサロン

などなど、様々な内容を提供したりなどしてコミュニケーション図っています。

当然、会員数が多ければ多いほど収入も増えますので、ストック型ビジネスとして期待できます。また、サロン主催者としては、教える側に立つことに寄り、今まで培ってきたイラストの知識をアウトプットすることが可能です

かげひと
かげひと
知識をアウトプットすると、その知識はより自分に浸透します。

ただし、サロン主催者として運営していくにあたっての注意点として、「嘘情報や誇張表現を絶対にしてはいけない」ことを厳守しましょう。現に、昨年からオンラインサロンによるトラブルは急増している状況です。

やはり、オンラインサロンのトラブルは増えていた!「300万」「500万円」出資の被害相談も。

オンラインサロンは実際に入ってみないと、その内容がわからないことが多く、入るきっかけとなった広告に嘘があったり、入会時に伝えられていた内容とサロン内での情報に大きな乖離があり、トラブルになります。

やっかいな点は、後から解約しようとしても、自分でネットから申し込んでいるので特定商取引法における、無条件で解約できるクーリングオフが効かないところです。

引用元:YAHOO!ニュース(https://news.yahoo.co.jp/byline/tadafumiaki/20210213-00222278)

オンラインサロンを「主催者側として」始めようとしてる方もそうですが、サロンに加入しようと考えている人目的のサロンの内容についてよく吟味した後、加入するかどうかを決めた方が良さそうですね。

ブログ

やり始めやすさ ★★★
稼ぎやすさ ★☆☆

ブログで収入?と思う方もいるかもしれませんが、ブログを有効に活用することで「ストック型ビジネス」による収入を見込める場合があります。

かげひと
かげひと
ブログで稼ぐ」仕組みについて説明すると、ブログ内に企業の「広告バナー」等を組み込むことにより、ブログを訪問した方がバナーをクリックorバナー先の商品を買うことで、売り上げの何%かが自分にも入る…というのが「ブログで稼ぐ」仕組みになります。

ただし、紹介しておきながら言うのもなんですが、
注意して頂きたいのは、「イラスト情報をメインにしたブログストック型ビジネスとしてあまり相性が良くない」事です。

例えば、

  • 家電情報×ブログ
  • クレジットカード×ブログ
  • 化粧品×ブログ

上記のコンテンツとブログを組み合わせた場合、記事を読んで納得した方が「商品」を買ってくれる可能性がありますが、イラスト×ブログの場合、イラストに関する商品は他のジャンルと比べると紹介できる物の数が極端に狭まるため、ブログでの大きな収入はあまり見こせません。

イラストに関連する商品を紹介するとなると、「イラストに関する書籍」や「作業環境に関する物(ペンタブやモニターなど)」といったものぐらいしかありませんからね…。

長年、イラスト情報サイトを運営している他の方でも、数年間ブログを運営し直近の年収入がやっと1万円を超えた、という方が多いみたいです。

かげひと
かげひと
現に、こちらのイラスト情報サイトかげひと絵のブログ」の過去1年間の収入は1万円でした。
コーヒーさん
コーヒーさん
1年間運営して収入1万円かぁ。ブログ運営に時間を費やすぐらいなら、別のストック型ビジネスに力を入れた方が良さそうだなぁ…。

ブログで収入を上げるためには、多くの訪問者に見てもらう必要があります。そのためにもも、ブログのターゲット層はどこなのかターゲットはどんな情報を知りたがっているか…などについて、常に研究しながら記事を制作していく必要があります。

他のストック型ビジネスと比べるとかなり地道な歩みにはなりますが、自分が得た知識を見返す利点もありますので、文章書きが得意な絵描きの方にはおススメのコンテンツです。

電子書籍

やり始めやすさ ★★☆
稼ぎやすさ ★★☆

電子書籍の出版」と聞くと、個人で出版することはとてもハードルが高く、著名人や有名人、もしくはお金がある程度準備していないとできない…。

といったイメージがありがちですが、近年は出版の敷居がかなり下がり、なんと個人でも無料で電子書籍化することが可能となっています。例えば、Amazonの電子書籍ストア「kindle」を除いて見ると、個人で出版している方がたくさんいらっしゃいます

かげひと
かげひと
専門の業者に依頼して電子書籍化をする場合、それなりの予算が必要になりますからね。さらに「挿絵」も入れたい場合、イラストレーターの人件費もかかります。

電子書籍は、自分の知識を書籍化しネットストアに並べておくだけで、気になった人に買ってもらい「ストック型ビジネス」として繋げることも可能です。また、電子書籍ですので絶版になることもありませんし、出版に当たっての費用は0円で済みます。(挿絵は自分で描けますから、外注する必要もありませんしね。)

ただし、書籍を買ってもらうということは、ブログで商品を買ってもらう以上に難しいと思われます。買ってもらうためには、当たり前ですが書籍の内容も充実させる必要があります。

書籍販売でよく失敗しがちなのが、タイトルと内容の相違です。
これを読めばあなたも神絵師!」というタイトルに対し、肝心の中身がタイトルと違う内容、もしくはすっかすかな内容を販売してしまうと、その本に対する「口コミ」評価も下がることになります。

ワインさん
ワインさん
購入者の多くは、「口コミ次第で購入するかどうか判断しているそうです。

そう聞くと、電子書籍化にあたってのストック型ビジネスはハードルが高そうに見えますが、出版という経験をすること自体がとても有意義になると思われます。もし、出版してみたいと思ったら、読み手が購入したくなるような情報を載せるよう心がけていきましょう。

「ストック型ビジネス」の注意事項

さて、ここまでは「ストック型ビジネス」として期待できる様々な稼ぎ方を載せてきました。

この「ストック型ビジネス」について全体的な注意点をお伝えしますが、どれもすぐに収入に繋がらないことだけ覚えておいてください。

こういった「コツコツ努力タイプ」のコンテンツに取り掛かるにあたり、「よし、最初の1ヶ月で20万円を手に入れるぞ!」や、「ストックイラストを毎日100枚投稿すれば、すぐに収入になるのでは!?」と思ってガツガツ頑張る方も中にはいます。

ですが、ストック型ビジネスが収入になるには、どうしても「ある程度の時間」が必要になります。こういった働き方で短期間の収入を得ようと考えている方には、ストック型ビジネスという働き方自体をあまりお勧めしません

さらに、短期間で成果を上げようと頑張る人ほど、息切れするのも早くなり、結果的にすぐに諦めてしまう方が多いです。

かげひと
かげひと
短期間で収入を得たいのであれば、「フロー型ビジネス」に全力投球した方がとても効率がいいです。

参考ですが、私は現在「フロー型ビジネス」を主流としつつ、ストック型ビジネスも育てている状況です。内容としては、

  • ストックイラスト(動画素材も投稿中)
  • ブログ
  • NFT

上記の3つを掛け持ちして育てています。
特にストックイラストにおいては、開始して2年目の現在、1ヶ月の収入が約2万円を超えるところまでこぎつけました。初月の収入が100円だった頃と考えると、ストック型ビジネスとして大きく成長してくれたことに感動しています。

ストック型ビジネスが収入源になるのは時間がかかるものの、将来的には家計を支えることができる…。将来、自分はどういった働き方で暮らしていきたいのかを考えた上で、ストック型ビジネスも取り入れていくかどうかを考えてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「イラスト分野でのストック型ビジネス」ということについて説明しました。

働き方2つに分けるとすると、以下の種類に分けて説明されることが多いです。

  • フロー型ビジネス
  • ストック型ビジネス

ストック型ビジネスは「絵描き」と相性が良く自分のイラストと販売する準備さえ整えておけば、後は勝手に売り上げが発生します

イラスト×ストック型ビジネスとしての働き方の例を挙げると、

  • ストックイラスト
  • LINEスタンプ
  • BOOTH
  • PIXIV FANBOX
  • NFT
  • オンラインサロン
  • ブログ
  • 電子書籍

上記のような働き方が存在します。

しかし、どの働き方にも言えるのが、すぐに収入に繋がらないことです。あくまでも将来を見越して収益を育てておくのがストック型ビジネスの特徴ですので、短期間で成果をあげたいのであればフロー型ビジネスに全力投球することをお勧めします。

将来を見据えて、ぜひストック型ビジネスにもチャレンジしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは!

フリーランスイラストレーター
無印かげひと
イラストと動画編集を生業としているフリーランス。最近はMV制作を中心にお仕事しています。コーヒーとワインと無印良品が好き。