NFT

世界最大のNFT展示会「PROJECT EMOTION」に参加してみた

この記事では、以下のことについて解説しています。

●世界最大のNFT展示会「PROJECT EMOTION」とは?
●実際にNFT販売を体験してみた感想
●日本のトレンド急上昇の「NFT」の盛り上がりは?
●イラスト界隈×NFTの今後の課題について

かげひと
かげひと
こんにちは!
イラストレーター無印かげひと(@kage86kagen)です!

先日、「イラストレーターを救うと言われているNFT」について、超簡略的に説明しましたが、今回の記事はそれに関連した「イベント」の体験報告となります。

2021年の5月1日~5日のGW期間中、世界最大のNFTアート展示会PROJECT EMOTION」というイベントに私も参加させていただきました!

NFTについて日本国内で盛り上がっている最中、今回のイベントはイラストレーター&絵描きにとってどのような結果を得ることができたのでしょうか?

ということで今回の記事は、「世界最大規模のNFTアート展示会PROJECT EMOTIONの内容と結果」について、5日間ほど張り込み調査した管理人の見解を報告したいと思います。

NFTアート展示会って、どんな内容なの?
盛り上がった?
売り上げはあった?

などについて、いつも通り「証明となるソース」を掲示しながら説明していきたいと思います。

NFTとは?

まずは「NFT」について、前回の記事を抜粋しながら少しおさらいをしようと思います。

NFTとは、「Non-Fungible Token非代替性トークン」の略称で、デジタル用語の一種になります。

デジタルイラストは、今まで「コピー」や「改ざん」が容易にされてきましたが、NFTという「シリアルナンバー付き証明書」みたいな物をデータに書き込むことによって、そのデータを唯一無二のデジタルデータ(世界でただ一つだけのデータ)にすることができます。

例えると、有名な絵画「モナリザ」は、世界中にコピー品や贋作品がごまんと溢れていますが、作者である「レオナルド・ダ・ヴィンチ」直筆で描かれた本物のモナリザの絵は、世界で1枚しかありません。
要するに、「これが本物のモナリザですよ!」という証明ができるようになる…ということです。

NFTが付けられたデータは、デジタル上で販売できたりオークションにかけたり買ったNFTを他人に販売する「二次販売」も可能になります。
もちろん、デジタル上で鑑賞することも可能です。

ワインさん
ワインさん
現在、デジタル上では「美術館」も建てることができるそうで、コレクターなどは、購入したイラストをデジタル美術館に展示しているんだとか…。
コーヒーさん
コーヒーさん
美術館には客も招くことができるらしいね。「この絵は俺だけのものなんだぜ!」と自慢もできるってことかな。

NFTアート展示会「PROJECT EMOTION」とは?

PROJECT EMOTION」(略して「プロエモ」)とは、株式会社NOKIDを中心に企画された大規模なデジタル上での展示会です。
話題沸騰中のNFTと、日本のイラストを掛け合わせて、日本のイラストカルチャーを盛り上げるために行われた企画です。

コーヒーさん
コーヒーさん
デジタル上で展覧会が行われるなんて、まさに「時代最先端」って感じがするね。

このイベントの開催内容についてですが、
誰でも気軽に参加可能(事前応募制)
イラスト、もしくは動画作品を応募することができる
・応募されたデータを、企画元がNFT化してくれる
・展示会当日、YouTube内で「360°VRギャラリー内」に作品が展示される
NFTを販売するプラットフォームにて、展示している作品を購入することが出来る

…といった内容が行われました。NFT化についての敷居ハードルがまだまだ高い中、NFT化を代行して頂けるのはとてもありがたいですね。これを機に、「NFTは誰でもできる」ということが分かるきっかけになればと思います。

かげひと
かげひと
とは言いつつ、NFT化する時の「手数料」はお高めですが…。

この企画に応募された作品は、イラスト動画を合わせて、なんと「1700点以上」の作品が応募されました!企画はTwitterを中心に宣伝されていたため、かなりの応募者が集まったようですね。

中には、イラスト界の最前線で活躍されている有名なイラストレーターも多数参加していました。

かげひと
かげひと
ちなみに、この企画は無料で参加できますが、販売された時の売り上げの20%は、「手数料」として企画元に徴収されます。
ワインさん
ワインさん
NFTを発行する時は、それなりの手順を踏まないといけません。また、NFTの取引手数料として「GAS代」という料金も支払わなければいけないので、妥当の手数料だと思われます。

販売元は2種類

今回のイベントでNFTの販売元として選ばれたのは、「OpenSea」と「NFT Studio」という2つのプラットフォームでした。「OpenSea」はニューヨーク発、「NFT Studio」は日本発のプラットフォームになります。

かげひと
かげひと
OpenSeaの方が老舗のプラットフォームになります。

この2つのプラットフォームの機能に大きな差はありません。販売方法は、どちらとも「固定額で販売する」か、「オークション方式で販売」するかを選ぶことができますが、今回は便宜上なのか、

  • オークション方式で販売希望する人は、OpenSea
  • 固定額で販売希望する人は、NFT Studio

…といったように、販売方法によってプラットフォームが変わっていました。こうして好きな販売方法で売り出すことも可能でした。企画元のかなりの柔軟対応に感謝です。

今回、私は「オークション方式」で販売することになる「OpeanSea」一択で応募しました。

管理人が応募したイラスト

今回私が応募したイラストは、全部で3点となります。

かげひと
かげひと
現在、NFTの利用者は海外勢が多いので、海外向けの彩度が高めの色い合いで制作した3作品をチョイスしました。ちなみに、どれも過去絵となります。

前回の記事にも注意点で書いていましたが、NFTに関する法規制は、現在進行形で整備中です。今のところ、NFT全体で著作権は譲渡しないと表記されており、なおかつ今回のイベントでも「著作権はクリエイターに帰属。商用も不可。」とされていました。

ですが、予想外の事態が起こる可能性も無きにしも非ずなので、今回選出したイラストは、
完全オリジナルのイラスト
他の方に提供していない仕事上でも提供していないイラスト
言葉が悪いけど、”どうなっても大丈夫”なイラスト
これらを踏まえたイラストを選出しました。

盛況はどんな感じ?

そんなこんなで、5月1日からプロエモが開催することになります。

開催当日は、YouTubeの動画で「応募されたすべてのイラスト」を確認することができます。しかも、YouTubeを画面を触ることができ、周りを360°見渡すことができる最新の機能も体験することもできました!

コーヒーさん
コーヒーさん
なにそれすごい!VRゴーグルを装着せずとも、画面内を見渡せるんだね!すごい技術!

ちなみに、私のイラストが展示されている様子はこんな感じでした。(スクショで画面が荒くなっちゃいました…)こうして並べてもらえると、感動もひとしおですね。

さて、「プロエモ」の盛り上がり状況についてですが、5月1日初日にはTwitter上で一時トレンド入りするほどの盛況っぷり。かなりの期待が寄せられている事が分かります。

かげひと
かげひと
…まぁこれはおそらく、参加したクリエイターが一斉に宣伝したことが理由と思われますが…。
ワインさん
ワインさん
冷静な解析ですね。

今後、少なからずイラスト界にも影響を及ぼすであろうNFT。今回のイベントの盛り上がりと結果について知りたかったので、管理人は開催期間の5日間、ネットに張り付いて頻繁に観察することにしました。

決して「GWは暇だから」という理由ではありません。なんならGWもずっとお仕事をしておりました…。

コーヒーさん
コーヒーさん
”イラスト”に関係する話やイベントは、なんでも興味が湧いて調べちゃう性だもんね。

5月1日

イベント期間中は、他のクリエイターの作品の状況についても確認することが出来ましたので、
作品の閲覧数
「NFT Studio」での売り上げの発生
「Open Sea」での競売者はいるか
…などといった要素について、毎日ランダムで選んだ作品を数点覗いてみることにしました。

初日は、これといって特に音沙汰は無し。各作品の閲覧者数も、まだ1桁台でした。

日本国内」のイラスト界で名が売れている有名なイラストレーターも複数名参加されていましたが、こちらのイラストも逐一確認。有名なだけあって、閲覧者は一般の方よりも多かったです。

ただ、この日は有名イラストレーターの作品でも「販売実績」や「競売」などは発生していなかったように思えます。

ちなみに、私のイラスト3点の閲覧者は、平均して3~4名ほどいらっしゃいました。

そんな中、公式Twitterからは「NFT Studio」においてさっそく購入されたとの発表が!

NFT Studioは定価での販売(今回のイベントでは)になりますので、逐一発表できるというのは、とてもモチベーションがあがりますよね。

5月2日

開催2日目。公式Twitterの報告によると、初日はNFT Studioにて複数の作品が購入されたとの発表が。中には10万円で購入された作品もあるんだとか…。

人気のイラストレーターはもう品切れなんだろうな、と思って覗いてみると、まだ販売されている作品が多めでした。作品の全体的な閲覧者数は、5~50名ほど。さすがに1700点以上ともなると、みなさん目移りしてしまうのでしょうね。

5月3日

プロエモ3日目。この日もNFT Studio内での売り上げが公開されていました。販売額がすごいですね…。とても夢があります。

5月5日

4日をとんで、プロエモ最終日。本来であれば、この日が展示会&販売の最終日ではありましたが、好評につき展示会は5月9日まで延長されることになりました。
ただし、販売については「Open Sea」は予定通りこの日が最終日、「NFT Studio」では販売日が延長され5月9日となりました

かげひと
かげひと
延期された理由については、「NFT Studio販売でのトラブル」が起きたみたいですが、詳しい内容について記された文献は、今のところありません。

ちなみに残念ながら、開催期間中管理人のイラストは売り上げが発生しませんでした…。

5月7日

管理人はOpen Sea一択で販売していたので、プロエモの追尾調査は5月5日でいったん終了することに。

後日、公式Twitterアカウントを除いて見ると、Open Seaでの売り上げも総額70万円以上突破したんだとか!

とんで5月9日

予告通り、5月9日でプロエモが終了しました

最終的な売り上げについては現時点で公表されていませんが、7日の時点で総額160万円以上の売り上げがあったとのことですので、結構盛況だったことが伺えます。

なお、売り上げがなかったイラストについては、引き続きOpen Sea(固定額に変更)とNFT Studioで販売中だそうです。

運営に申告すれば「取り下げる」事も可能だそうです。

かげひと
かげひと
宣伝ですが、私のイラストもまだ販売中です。各作品1点限りですので、いかがですか!?
コーヒーさん
コーヒーさん
かなり食い気味(笑)

販売先URL
・「パイロットファッション
・「3匹の仔猫 -3 kittens-
・「雪女 -Snow woman

感想とNFTの今後の課題

…こんな感じで、日本で初の試み「PROJECT EMOTION」が無事閉幕となりました。

このイベントに直に参加したことにより、「NFTについての感想」と「NFTを直に経験した上での今後の課題」などの見解について、以下の通り考察してみました。

動画の方が視聴率が多い

今回のプロエモでは動画作品の応募も可能でしたが、展示会での視聴回数で行くと、動画の作品の方が1枚イラストよりも観覧者が多めでした

やはり、静止画よりも動画の方が見栄えが良いのでしょう。動画作品での売り上げについてはマークしていませんでしたが、イラストよりも購入頻度は高めだったのではないかな?と思っています。

かげひと
かげひと
今回は総計1700点以上の作品が出展されましたが、動画については全体の1割ほどの応募点数でした。

管理人も現在絶賛動画勉強中のため、今後同じような企画があったら動画での作品で出展しようと考えています

有名無名関係なく売れていた

今回は、公式からの声掛けで有名イラストレーターも多数参加されていましたが、かといって有名イラストレーターの作品がすぐ完売…というわけではなかったようです

(今のところ)NFT上で売り上げが発生するかどうかは、有名無名関係無さそうですね

コーヒーさん
コーヒーさん
スマホゲームのような描き込み量が半端ないイラストが売れやすいのかなと思いきや、むしろ「ピクセルアート」の方が購入されていた…ってこともあったよ。どうやら、購入者の完全な好みで買われているっぽいね
かげひと
かげひと
その観点から行くと、チャンスは皆平等にあるのあるのかもしれません。

NFTは不労所得になるのか?

前回の記事でも紹介しましたが、購入されたNFTが二次販売されるときその際に発生した報酬の何パーセントかを「NFT発行者」が頂けるようです

そう考えると、ひょっとするとNFTにも不良所得の希望があるかもしれませんね。

かといって、「ストックイラスト」のようにNFT用にコツコツイラストを制作&販売する…といった戦法はおススメできないかもしれません

ストックイラストだと、「購入者の使用用途」をある程度予測し、購入者のターゲットに沿ったイラストを制作&販売すればよいのですが、NFTはあくまでも「購入者の完全な好み次第」。現実世界での、美術展などでの「展覧会販売」のようなものです。

NFTでどういったイラストが購入されるかは、購入者のさじ加減…といったところでしょうか。

「NFTはイラストレーターを救う」はまだまだ不透明

転じて、ネット上でよく言われている「NFTはイラストレーターを救う」という話については、まだまだ先行きが不透明のように感じました。

NFTでイラストを販売する行為は、「イラストレーターを救う」、というよりは「アーティスト(画家)寄りのイラストレーターを救う」…といった言葉が正しいのではないかと思います。

アーティスト(画家):自分の描きたいテーマで作品を制作し、売る。
イラストレーター依頼者の意向に沿ったイラストを制作し、お金を貰う

この話にツッコむとかなり長くなってしまいますので、画家一本で活動している方、もしくはイラストレーター兼画家として活動されている方の方が、NFTという世界で活動していけるかもしれませんね。

ただ、NFTを事業としている会社に依頼されてイラストを制作するイラストレーターであれば、ワンチャンお仕事に繋がる可能性はあるかもしれませんが…。

コーヒーさん
コーヒーさん
実際、NFT上では「トレーディングカード」の販売や、「ゲームキャラクターの販売」なども売買されているからね。イラストレーターは「個人でNFT販売していく」っていうよりも、それらに使用するイラストを提供していく…っていう事が多くなりそう。

そんなこんなで、「NFTはイラストレーターを救う」というの発言は、現時点ではまだまだ不透明かと思われます。とは言いつつ、NFTは現在発展途上国のような感じですので、イラストレーターとしてNFT販売をやってみる価値は十分にあると思います。

NFTを経験することにより、「新しい事業のアイデア」が生み出されるかもしれませんね。

かげひと
かげひと
NFTが日本国内に明るみになった以上、「レッドオーシャン」になる日も時間の問題です。挑戦するなら、今がベストなタイミングだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、2021年に入ってからトレンド急上昇中の「NFT」を利用した、世界最大のNFTアート展示会PROJECT EMOTION」に参加した体験談を記事にまとめてみました。

国内でも注目されていた分、開催期間は大いに盛り上がっていたように思えます

今回、直に「NFT」というジャンルに触れることができましたが、

  • 動画(うごくイラスト)の方が視聴率が高かった
  • 有名無名関係なく、作品が売れていた
  • NFTは不良所得になり得るっぽい
  • 「NFTはイラストレーターを救う」という考えは、まだまだ不透明

特に上記について見解を深めることができました。

日本国内でNFTが明るみになった以上、「レッドオーシャン」は時間の問題と思われます。とは言いつつ、イラスト×NFTの可能性はまだまだ無限大ですので、アイデア次第では新しい事業が展開できるかもしれませんね。

PROJECT EMOTIONは、次回の開催も考えているようです。開催を待たずして自分でNFTを販売することも可能ですので、この機会にNFTを試してはいかがでしょうか?

NFT」についてより詳しく知りたい方は、前回の記事であるイラストレーターを救う?デジタル資産「NFT」について分かりやすく解説してみたを参照して頂ければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは!

 

●P.S

今回お話したNFTと、密接の関係にある「ブロックチェーン」についての解説書籍を紹介しておきます。NFTを知るためにはブロックチェーンは欠かせない単語となりますので、こちらも合わせて参考にしていただければ幸いです。

 

フリーランスイラストレーター
無印かげひと
「すっきりとしたエモいイラスト」を主体として、イラストやlive2D、動画制作、アニメーション制作も行っています。コーヒーとワインと無印良品が好き。