営業&依頼

イラストが上手いだけではダメ!ビジネスマナーも身に付けよう

この記事では、以下のことについて解説しています。

●イラストで仕事するためには、画力の他に「ビジネスマナー」も必要になってくる話
●「これだけは守って欲しい」最低限のマナーについて

かげひと
かげひと
こんにちは!
無印かげひと(@kage86kagen)です!

今月末にはついに退職。その当日からはフリーランスイラストレーターとして働くことになります。そこから連想して、最近は「社会のビジネスマナー」について改めて考え直すようになりました。

私もある程度のビジネスマナーは身にけてきたつもりですが、復習の意味も込めて学び直している最中です。

ワインさん
ワインさん
フリーランスになれば、相手先との営業や調整が今まで以上に必要になりますからね。
コーヒーさん
コーヒーさん
相手や自分に恥をかかせないよう、最低限のマナーは覚えておかないとね。

そこでふと思い出しました。それは、「イラストがとても上手な方なのに、仕事が全然来ない」という方の話です。仕事の営業は行っている、しかし会社等からは一向に連絡が来ない…。そのイラストレーターにはなぜ仕事が来ないのでしょうか?

ということで、今回は「イラストが上手いだけではダメ!ビジネスマナーも身に付けておくべき理由」について解説していこうと思います。

絵がすこぶる上手いのに仕事が来ない人の話

これは実際に見聞きした話ですが、現役で活躍している「絵が超絶うまいとあるイラストレーター」さんがいらっしゃいます。子供の頃の私は、その方のイラストに一目ぼれし、今の今までSNS等で追いかけていました。

そのイラストレーターは、主に雑誌の表紙を飾っていたり、講座コーナーを設けてイラストの描き方を懇切丁寧に説明していた、プロ中のプロです。

この方のイラストをもっと見てみたいので、社会人になってからはSNSを見つけて投稿内容を拝見していましたが、その方の投稿文は日々の恨みや悪口の投稿ばかり···。

ワインさん
ワインさん
な、何があったのでしょうか?

その有名なイラストレーターはどうやら常日頃から取引先の悪口や恨みをのせていたようです。

多くのファンからは、「大丈夫ですか?」とか「元気出し下さい!」と励ましの言葉が届いていましたが、かたやその方の調整先と思われる人の投稿を見てみると、「この人は納品の期限を守らない」、「この人に頼むと罵声が飛んでくる」などなど、そのイラストレーターさんのマナーについて呟いていました。
(イラストレーターの名前こそ出していませんでしたが、明らかに特定できるような分k面でした。)

両者で何があったかわかりませんが、この有名なイラストレーターは取引先と何らかのトラブルがあったのは間違いないようですね。中傷や批判はご法度ですが、「期限を守らない」「イラストレーターに罵声を浴びせられた」といった内容複数目にすると、「おや?」とならざるを得ません。

ビジネスマナーも身に付けよう

私の体験談を話しましたが、もしあなたが依頼者だった場合、先ほどのイラストレーターさんに仕事を頼みたいと思えるでしょうか?

私でしたら、例え美麗なイラストを描かれる方であっても、SNS上での投稿内容、その取引先からの評判を判断材料とし、「この人に依頼するのはなんだか危ないな」考え、別のイラストレーターに依頼するかもしれません思います。

このように、画力が高くてもビジネスマナーがある程度身につけられていないと、他の方に仕事が行ってしまう場合があります。そのため、イラストを仕事して行う際には、最低限のビジネスマナーは身につけて行く必要があるんですね

イラストは上手いけど素行が悪い方に頼むより、ビジネスマナーが身についていて常識ある方に頼んだ方が、お互い気持ちのいい調整ができ、周りの評判も自然と高くなったり「仕事が仕事を呼ぶ」流れも作ることが可能になります。

しかし、ビジネスマナーを守れとは言うものの、実際どういったマナーを最低限学んでいけばよいのでしょうか?

これについては難しく考えることはありませんし、義務教育等で教わった当たり前の事を当たり前のように守りさえすればOKです。

コーヒーさん
コーヒーさん
とは言うのものの、最低限守ればいいマナーってどういうものがあるの!?

最低限身に付けて欲しいマナー厳選

ということで、イラストで仕事を行うためにこれだけは学んで欲しいビジネスマナーについてを、何項目か取り上げてみました

締め切り厳守

締め切り厳守はどの仕事においても最低限守りたいマナーではありますが、特にイラストレーターにとっては「仕事の生命線」と言われるぐらいとても大事なビジネスマナーです。これはなぜかというと、締め切りを破るor締め切りが遅れそうだけど一切連絡しない場合、取引先が迷惑するからです。

イラストを依頼する発注者は、あらかじめ事業の展開やコンテンツの制作の計画を組み立てて、その計画に沿ってイラストを依頼しています。

いついつにこれをやって、これを完成させ販売する、といったように入念に計画を立てている方がほとんどですので、納期が遅れてしまうとは、発注者側の計画もズレこんでしまいます

コーヒーさん
コーヒーさん
発注者側が「●月●日にネット上で発表するぞ!」という計画で事を進めていたのに、イラストの納期が遅れてしまうと、予定していた日に発表できなくなってしまうよね。
ワインさん
ワインさん
つまり、発注者側に損失を与えてしまうということに繋がります。損失というのは、時間やお金の事を指します

締め切り厳守は大前提のことですが、もしもイラストの納品が遅れそうな場合、依頼者に前もって連絡を入れておくこともビジネスマナーのひとつです。

この連絡についても締切1時間前に急いで連絡をしていては、相手にかなりの迷惑を与えることになります。先を見据えて「どうしても間に合いそうにないな…」と判断したら、早いうちに依頼者に連絡をしましょう。最低でも、締め切り1日前(24時間前)に連絡できればまだいい方です。

  • 「締め切り厳守」は大前提のビジネスマナー
  • もしも間に合いそうになかったら、依頼者に必ず連絡を入れる事
ワインさん
ワインさん
締め切りを過ぎても連絡を一切しないのは、一番やってはいけません!相手に悪い印象を与えますし、これがきっかけで悪い評判が広まってしまう結果、仕事が一切もらえない可能性があります。。

電話やメールの対応

一昔前は調整する際には何事も「電話」でしたが、インターネットが普及していくにつれて、メールでの調整回数が電話を上回るようになりました。とは言うものの、今の時代は電話とメールどちら媒体でも調整できるようにしておきたいものです

そのため、電話での受け答えメールの送信の基本についても、最低限のマナーを身に付けておきましょう。

例えば電話の場合は、

  • 開口一番、まずはあいさつ→簡単な自己紹介から。(取引先と電話をする時、「レストランに予約を入れる」ような感覚で電話をしてはダメ!)
  • 明るくハキハキと言う
  • 忘れないようにメモを取りながら電話をする
  • 電話を切る際、電話をかけた人が先に通話をOFFにする etc…

メールの場合は、

  • 絵文字や顔文字は付けない(相手先は友達ではない)
  • ネットスラング(俗語、例えば「2ちゃんねる用語など」)は使用しない
  • 添付ファイルは2MBまで(相手の通信環境が良くない場合、受信に時間がかかる)(または「無料転送サービス」を利用してデータを送付する)
  • 誤字脱字がないか2,3回内容を見返す
  • メールを受信したらなるべく早く返信する etc…

最低でも上記のような事に気を付ける必要があります。電話やメールについては細かい(細かすぎるほど)マナーが定められているものの、まずは上記を最低限守った上で「ビジネスマナー本」等で学ばれた方が無難です。

かげひと
かげひと
実践経験を積むことも大事ですので、マナーを全て叩き込んでから調整するのではなく、時には相手に指摘されながら覚えることも経験になります。
コーヒーさん
コーヒーさん
(心配性の人だと挫けそうだな。)

相手に不快感を与えないような調整を心掛ける事。

身だしなみ

時として、相手先と直接お会いする場面も出てくると思います。

その人の第一印象は、見た目で決まります
「見た目はヨレヨレでいいや、内面で勝負!」と思っている方もいるかもしれませんが、見た目を覆す印象を与えるにはかなりの時間を要します

会社に伺う際は、ヨレヨレのシャツやパーカー姿で臨むのは控えましょう
かといって、ガチガチフォーマル姿でも固い印象を与えてしまう場合があるので、間を取って「ビジネスカジュアル」な服装がベストです。

頭髪にも気を付けましょう。目にかかるほどの前髪は、分けるかカットしましょう。
長髪の場合は髪ゴム等でまとめておくと、爽やかな印象を与えることができます。

女性の場合は、「ナチュラルメイク」が望ましいです。ノーメイクはマナー違反ですし、かといって盛り過ぎるのも良い印象は与えません。

相手先に伺うときの服装に自信が無い方は、検索サイトで画像を見てみるのもいいですし、知人に会社員がいたらその方に見てもらうのもいいでしょう。

第一印象は見た目です。訪問する場合は、身だしなみにも気を付けていきましょう。

ワインさん
ワインさん
印象は出会って7秒で決まります。その人の内面を知るためには、大体1ヶ月ほどかかります。やっぱり、第一印象って、とても大事なんですよね

1件1件丁寧にこなし、信頼感をアップしていこう

絶えず仕事が舞い込んでいる方。そんな方こそ、ビジネスマナーがきちんと身に付いている方かもしれませんね。

調整や対応に不快感が感じられず、締切日も守ってくれる人は、結果的に相手から信頼されます。
日々の案件を丁寧にこなしていくことによって、その人の信頼感は着実にアップしていき、大きな仕事に繋がったり以前対応した会社の紹介で別の仕事を頂いたりすることが多いです。

よく、「イラストが超絶上手くないと見てもらえないんだ」と嘆く方もいらっしゃいますが、そうでもありません。

コーヒーさん
コーヒーさん
ある程度の画力は必要だろうけどね。

ぶっちゃけ、イラストが上手いかどうかは気にしなくても大丈夫です。その方のイラストはその方でしか描けませんしイラストを他人と比べる時点で無意味なことです

どの仕事にも該当しますが、その人の「信頼感」がとても重要です。
その信頼感を育てるためには、日々の振舞い方つまり「ビジネスマナー」が身についていれば、相手からの信頼も自然と大きくなっていくことでしょう。

私も含め、これらからイラストレーターとして仕事する方達は、一度でもいいのでビジネスマナーについて勉強してみてはいかがでしょうか?

おススメのビジネスマナー本

これまで、最低限身に付けて欲しいビジネスマナーをあげてきましたが、ビジネスマナーって意外と複雑でもあるんですよ。

今回の記事を書くにつれて参考にした書籍がありますので、新社会人でも分かりやすいビジネスマナー本を厳選してみました。

会社員からフリーランスで働く人まで、「働く人のために記されたビジネスマナー辞典です。私も紙媒体で手元に置いております。

2019年に発行された書籍ですので、今の時代に合ったビジネスマナー本となっています。参考にしてみてください。

こちらは、イラストレーターに特化したビジネス本となっています。
相手先との調整についてはもちろん、トラブルのもとになる「著作権」の話も載っていますので、 とても参考になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
働く人すべてに付きまとうビジネスマナー。もちろんイラストレーターも例外ではありません

相手先との調整は必ず発生しますので、最低限でも以下の要項を身に付けてください。

締め切り厳守
電話やメールの対応
身だしなみ

これらのマナーを身に付け、仕事の調整をすることによって、イラストが上手い下手問わず仕事を勝ち取る可能性が高いです。

これから社会人となる方、現社会人の方、私と同様退職して新たな職に就く方…
振り返りの意味も込めて、一度ビジネスマナーについて学んでみてはいかがでしょうか?

それでは!

フリーランスイラストレーター
無印かげひと
イラストと動画編集を生業としているフリーランス。最近はMV制作を中心にお仕事しています。コーヒーとワインと無印良品が好き。