イラストストック

ストックイラストを効率的に生産する方法[人物編]

こんにちは!無印かげひと(@kage86kagen)です!

現在、イラストレーターを目指すため、現会社からの退職準備の真っ只中です。

退職準備も大変ですが、一番の危惧は、退職直後の無収入・・・。約1ヶ月半後に退職する予定ですが、お金に関してはどうしても不安が付きまといますね。

そこで、退職後仕事を獲得できるまでの間に少しでも不労所得になればと今年2月から始めたのが、記事の題名にも書いている「ストックイラスト」です。

このストックイラストについてですが、毎日コツコツ作り続けたかいがあり、6ヶ月目で素材の登録数がもうすぐ1000枚を超えようとしています!
フルタイム勤務をしつつ、コンペに参加し、ポートフォリオも準備する・・・。
他のイラストを描きつつ、これだけの量を提出した人はそうそういないのではないでしょうか?自分で自分を褒めたいぐらいです!

ワインさん
ワインさん
よく頑張りましたね!でも、言ってしまうと退職後が本番ですからね。あまり無理をなさらずに。

ここまで描けたのは、ひとえにストックイラストの先駆者さん達のおかげです。先駆者さん達のアドバイスもあって、ストックイラストの作り方もだいぶコツを掴んできました

そこで今回は、この6ヶ月間を振り返る意味も込めて、「ストックイラストの効率的な作り方(人間編)」を、自分なりの作業方法制作のネタ探しについて紹介していきたいと思います。

人物イラストは何から作るべきなのか?

ストックイラストに登録したものの、まず何から描こうかな?と、初心者の方は悩んでしまいがちです。かく言う私もそうでした。

芸術家やアート路線で進むのであれば、自分の思うままに描くだけで問題ありません。しかし、ストックイラストは、あくまでも利用者に使用してもらうために描きます。

イコール、買い手が購入するような人物イラストを描けばいいんです

コーヒーさん
コーヒーさん
当たり前だけど、忘れてしまいがちなことだね。買い手が利用しやすいイラストを描いてみよう

では、買い手が必要とするイラストとは、どういったものなんでしょうか?
その答えは簡単です。必要とされるイラストは、私たちの身近に存在します。本当に身近です。

例えば、新聞に挟まっているスーパーのチラシ。その隅っこに、人物イラストが使用されている場合が多いですよね。

ワインさん
ワインさん
よくありますよね。主婦が買い物しているシチュエーションとか、化粧品のチラシだったらスキンケアをしている女性のイラストだったり···。

このように、イラストは実に様々な場面で使用されています
活用されている場面を見つけて観察すれば、使われるイラストのシチュエーションも自ずと分かるでしょう。

まずは、よく使用されるシチュエーションの人物イラストを描いていけば間違いありません。

次項には、そのイラストが必要とされる場面を知る手段を、例としていくつか載せてみました。

必要とされるイラストを知る手段

町中を歩く

まずは散歩してみましょう。町中をぶらぶら歩くと、いろんなお店、その看板を見かけることになります。

大きな看板公園の看板工事現場での注意を促す看板···。
あげだすとキリがありませんが、その看板の真ん中、あるいは隅っこにイラストが使用されていませんか?

看板はお店の宣伝道具です。そこで使われているイラストのシチュエーションを、自分も描いてみるといいかもしれませんね。

ワインさん
ワインさん
工事現場の「立ち入り禁止イラスト」も、実に様々な種類がありますよね。これを自分も描いて素材登録しておけば、いつの日か使用してくれるのではないでしょうか・・・?

パンフレット、チラシを見る

新聞に挟まったチラシ街で配られているビラオープンキャンパスの案内パンフレット···。
これらをよく観察すると、意外と人物イラストの使用頻度が多いです

オープンキャンパスのパンフレットなんか、全国の大学がこぞって発行しています。
つまり、大学関係のイラストの使用頻度が多くなってきま

そのイラストをどに発注するかは発刊者次第ですが、コストカット(時間短縮)のため、既に出来上がっているストックイラストサイトから入手することも少なくありません。

チラシやパンフレットにも、制作のヒントがつまっています。無料で貰えるしストックイラストのネタになる無料様様ですね♪

コーヒーさん
コーヒーさん
ビラでこんなに喜ぶ人、初めて見た···。

ブログを覗く

企業ブログ個人ブログでも多くの素材が使用されています。

自分の好きなジャンルでもいいので、まずはネットサーフィンをしてみましょう。ブログを覗いてみると、イラストの使用頻度が結構高いですよ。

ワインさん
ワインさん
記事の合間合間に挿絵として使用されていたり、内容の説明としても使われる場合があります。

100均を覗く

これは実際に見て体験しました。
素材イラストって、100均商品に使用されていることが多いんですね

PIXTAさんの上位クリエイターの見たことある絵柄が、100均商品によく使用されている現場を何度も目撃しました。

おそらくは、「制作時のコスト(予算も時間も両方)」を抑えるため、会社も素材サイトを上手く活用しているのでしょう。

100均で利用されているイラストを見つけて、同じシチュエーションを描いてみるといいかもしれませんね。

実際に人物イラストを効率よく描いてみた

では、実際に人物素材イラストを作ってみましょう
今回は、会社員を題材に制作してみました。

まずは、こんな感じ。

ストックイラストを作成する時の自分の心構えですが、
自分の絵柄(個性)のクセを抑え
誰でも使用しやすい
時代に合わせたシンプルな色使い
を心がけて、ストックイラストはこのような絵柄で作成しています。

ワインさん
ワインさん
数種類の色使いが見やすいですね。これなら、どんな場面でも使えそう。

このイラストさえ作れば、あとはアイデア次第で数種類のシチュエーションに展開することができます。

ひとつのシチュから展開させてみよう

この基本のイラストから、表情手の動き持ち物を持たせることによって、多彩なパターンを生み出すことができます。

顔と手の動き

顔の表情は「喜怒哀楽」をベースにする他、「疑問を抱いている顔」や「困り顔」も作っておくといいかもしれません。
それに合わせ、手の動きもつけてみると、これだけで様々なシチュエーションができました。

顔の表情で迷ったら、私はブログの記事の流れを参考にしています。
ブログの記事って、最初に疑問点をあげれ、その疑問点を展開&説明していき、最後には解決、まとめる・・・といった記事の流れが多いですよね。

この記事の流れを表情に置き換えれば、よりいっそう人物イラストが作りやすくなるのではないでしょうか?

コーヒーさん
コーヒーさん
おお、結構分かりやすい例えかも。

持ち物を持たせてみる

上記に加えて、持ち物も持たせてみましょう
持ち物を持たせると、表現する内容が一目瞭然なので、より使用しやすいイラストになります。

そうして描いているうちに、素材も自然と増えてきましたね。
私の場合、これをシチュエーションごとに複数のイラストを1枚にまとめ、それを素材登録しています。

下記のイラスト1枚さえ購入すれば、これだけでブログ記事1本を彩ることができそうですね。

 

「背景」を作っておけば2度おいしい

背景を作っておけば、違った演出を表現することができますし、背景の出来が良かったら、背景単体で販売することもできます。
例えばこちら。

当初は縁日に出かける家族ということで、背景はあくまでもおまけ程度で作っていましたが、意外と出来が良かったので、背景単体でも素材登録をしてきました。

人物イラストとは離れましたが、この背景も別の人物イラストの背景に使用できる可能性があります。背景も使いまわしできて、一石二鳥です。

個人的には1枚の中に「8通り」を超えるイラストは載せない

クリエイターによっては、1枚の素材に複数のイラストを載せている、いわゆる「パック」形式で登録している方もいらっしゃいます。

何十枚ものイラストをひとつの素材として登録すると、サムネイル画面での表示が見にくくなり、詳細を見てもらえる機会が少ないように思えるので、私としては最高でも8枚を超えるイラストは載せないようにしています。
(あくまでも個人的意見です!)

それ以上の数を載せたい場合は、例えば「基本バージョン」だけを大きく表示すれば、「あ。この絵柄でこんな表情の素材がセットになってるんだ」と、より詳しく見てくれる場合があります。

(一番左の「基本バージョン」だけ大きめにし、後は小さめに縮小する。)

ただ、「パック形式」は、1回の購入で数十枚ものイラストを使用することができるすぐれものです。
(個人的には、そのイラストを分割して登録すれば、購入頻度も多くなり取得するクレジット数も多くなると思うのですが・・・)

どちらの形式で素材登録するかは、個人の判断にお任せします。

シチュエーションは一気に作った方が楽

ここまで、人物イラストの作り方、シチュエーションの展開の仕方について説明しました。

最後にひとつ、アドバイスになりますが、ひとつのシチュエーションはそのままの勢いで続けて作った方が楽です

表情や手の動きを改編した後、「じゃあ、手に持たせるシチュエーションは○○を描いてからにしよっと」と、そのイラストを数日放置することもありますが、
あとから改変しようとする気力が起きなくなってしまうことがしばしば。

同じようなシチュエーションイラストをもっと改編しようと考えている方は、数日以内に続けて作成していった方がスムーズに作れます。

とはいえ、素材イラストの作り方なんて十人十色なので、作っていくうちに自分の製作スタンスを編み出していただければ幸いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、ストックイラストの「人物イラスト」制作について焦点を当ててみました。

素材作りのネタ探しは、もうそこらへんにゴロゴロ転がっているので、探すことは容易でしょう。

人物イラストのバリエーションは、基本の形さえ作ってしまえば、後は「表情」「手の動き」「持ち物」を持たせるよう改編するだけで、様々な素材を作ることが出来ます。

これの繰り返しで作成していけば、素材もおのずと増えていきます。
あとは、常に「買い手の気持ち」になって描いていけば、自然とダウンロードされる回数も増えるでしょう。

私のイラストも、現時点ではそんなにダウンロードされていませんが、収入の支えになるよう、これからもストックイラストを作っていこうと思います。
この記事が、ストックイラスト(人物イラスト)を作る時の手助けになれば幸いです。
ともに頑張っていきましょう!

それでは!

P.S
現在、3社においてストックイラストを登録中です。
今月で登録数1000枚を超える予定です。
よろしかったら覗いてみてください!

イラストレーターを目指す会社員(退職準備中)
無印かげひと
20代後半。本気でイラストレーターを目指すため、現在退職準備中。コーヒーとワインと林檎が好き。のんきでおっとりした性格。