動画制作

Adobe After Effectsの使い方[イラストレーターや絵師向けの解説]

この記事では、以下について解説しています。

●動画編集について気になる方(絵描き向け)の「動画編集」の学び方
●Adobe After Effectsは何ができるの?
●動画が動く仕組み、動画を保存する際の手順について

かげひと
かげひと
こんにちは!イラストレーター
無印かげひと(@kage86kagen)です!

最近はイラストレーターや絵描きの方で「動画編集」を始められる方が増えています。もしかすると既に気になっている方もいるかもしれませんが、いざ動画編集を始めようと思っても「まずは何から学べばいいのか?」「動画を保存する際にはどういった流れでやればいいのか?」など、右も左も分からない状態かと思われます。

コーヒーさん
コーヒーさん
確かに。ペイントソフトとはまた違った使用感だしイラストは違う分野になるから、動画編集に興味はあるもののハードルが高めに感じるよね

今回の記事ではそんな「動画編集の入り口」についてお話ししようと思いますが、イラストレーターや絵描きを趣味としている方におススメしたい動画編集ソフト「Adobe After Effectsに焦点を当てて、「動画の作り方について」「After Effectsの使い方とは?」などについて解説していこうと思います。

Adobe製品を利用している方であれば絶対おススメするソフトですし、そうでない方でも「イラスト」を利用した動画を作りたい方にはかなりおススメのソフトです。

それでは、いってみましょう!

動画編集の学び方

Adobe After Effects(略して「AE」)」の特徴や使い方を紹介する前に、まずは「動画編集の学び方」についてご紹介したいと思います。

動画編集を学ぶ時には下記の順番で学んでいくと、段々興味がわいてくるきっかけになり効率的に勉強できるかもしれません。

  1. 動画編集はどんな場面で活躍しているのか?
  2. 動画編集というお仕事の相場について
  3. 動画の保存形式について(イラストで置き換えると、「.jpg」と「.png」の違いとは?といった感じ)
  4. 動画編集ソフトの使い方

上記についてざっと学んだ後は、実際に動画編集の回数をこなして覚えていく…といった学び方をおすすめします。

動画編集ソフトの使い方についてを有料講座で解説している方もいますが、お金がかかるものの効率的かつ段階的に学ぶことが可能です。ただ、動画編集の知識はネットで検索することにより全て無料で学ぶことができます。ご自身の時間&お金の事情を判断した上で利用してみてください。

かげひと
かげひと
ちなみに、管理人は無料サイトや無料メイキング動画を活用し、お金をかけることなく全て独学で身に付けました。(もちろん、動画編集ソフト代はかかりますよ…?)

動画編集の勉強についてですが、もしかすると「どれぐらい勉強し、どれほどのスキルを身に付けたら、動画編集事業を請け負うに値するか?」ということについても気になると思います。

こちらについてですが、「自分が作りたい、目指したい動画編集」によって、学習すべき時間が大きく異なります

YouTube配信用として、実写映像に動画編集をする(文字付けやちょっとした効果を入れたりなど)」と言った場合、1日1~2時間勉強1週間ぐらい行えば軽く習得できます。ただ、バンドやボカロ曲などの「個性的、場合によってはは激しい展開のMVを作りたい」と思った場合、それによっては学習すべき時間がかなり異なると思われます

ざっくりとした例えですが、下記のような練習期間があればある程度実戦に持ち込めるかもしれません。(※個人的見解です)

  • 実写映像、もしくはイラストへ「文字入れ」、「ちょっとした効果音、エフェクト」を入れる場合・・・1日1~2時間の勉強を1週間ほどやればいけるかも
  • バンドやボカロ曲のMV、企業広告のCM動画編集など、個性的、もしくは激しめの歌詞演出やエフェクト演出できるようになり、そういった仕事を請け負いたい・・・1日1~2時間勉強を最低でも2~3週間は必要
かげひと
かげひと
AE自体機能がたくさんありすぎるので、「動画編集ソフトの機能を全て使いこなせるようになりたい!」とは思わない方が良いです。AEを丸覚えしなくても実践しながら調べていく形でも十分いけます。(私は2021年3月に動画編集を始めて10ヶ月目となります。)
ワインさん
ワインさん
MVのような独創的な展開の動画編集を行いたい場合、使い方の勉強に加えて「アイデアのインプット時間」も必要になってきますもんね…。

動画編集を完全無料で勉強する場合、下記のような流れで勉強するといいかも。
①動画編集はどんな場面で活躍しているのか?
②動画編集というお仕事の相場について
③動画の保存形式について
④動画編集ソフトの使い方

無料ソフトと有料ソフトの違いとは?

次に動画編集ソフト全体について解説しますが、動画編集ソフトには「無料・有料ソフト」が存在します。

今回紹介する「After Effects」は有料ソフトになります。単体購入だと「月額2,728円(税込)、Creative Cloudoコンプリートプラン(要するにAdobe製品を全て使えるコース)だと、6,248 円/月(税込)で使用可能です。他にも有料ソフトはありますが、実は無料で使える動画編集ソフトもあります。

Adobe After Effects
2,728 円/月(税込)(外部リンク)



無料で使える動画編集ソフトの中で評判が良いソフトだと、「AviUtl」の名前をよく聞きます。無料でありながらも有料ソフトと同様の使い心地と評判ではありますが、注意点としては「モーショングラフィックス(図形やイラストを利用した動画)」を制作するには力不足という点と、最新ver.を公開してから数年間アプデされていない…という点が少々気になります。

”実写映像”を編集する際には申し分ないと思いますが、今回は「イラストレーターにおススメのソフト=イラストや図形、オブジェクトを多く使用する動画編集」になりますので、そういった動画編集を目指した場合には、やはりAEをおすすめします。

たくさんの有料・無料動画ソフトがあるが、「イラスト」や「モーショングラフィックス」を利用した動画を作りたい場合はやっぱりAE。
※動画編集ソフトにも一長一短があるので、目的とする動画編集によって選んだ方が無難。

After Effectsは何ができるの?

さて、ここからはAEについて本格的に解説していこうと思います。まずはAEでできることを説明しますが、ざっくり箇条書きにすると下記のような編集が可能です。

  • 簡単に効率的にアニメーションを作ることができる(イラストデータさえ準備できればOK)
  • 文字を入れる事ができる
  • 3D空間を作ることができる
  • エフェクトがめちゃ豊富(イラストで言うところの「素材」にあたるもの。)
  • 音声についても編集できたり、リバーブなどのエフェクトをかけることができる
かげひと
かげひと
文字打ちやエフェクトは動画編集ソフトに備わっているので、イラストや画像さえあればOKです!
コーヒーさん
コーヒーさん
予想以上にいろんな事ができるんだね!文字を入れたい場合、ペイントソフトで全部制作して、動画編集ソフトに持っていくものだと思ってた。
ワインさん
ワインさん
そんな無茶な…。

AEはイラストを交えた動画編集やモーショングラフィックス制作にとても向いているソフトにはなりますが、少なからずデメリットも存在します。

  • 使用するPCのスペックに注意(最低でもメモリ16GBは欲しい。これより低いと固まってばっかりになると思う。)
  • レンダリング(作った動画を”動画”として抽出する作業)の時間がかかる

他の動画編集と比べると動作面では少々重いと思われます。実写映像へのちょっとした文字入れ、効果音&エフェクト付けなら大丈夫だと思われますが、画面を縦横無尽に素早く駆け回るエフェクトなどを入れる場合、どうしても動作が気になる場合もあります

コーヒーさん
コーヒーさん
そういえば、Adobe製品にはもう一つの動画編集ソフト「Premiere Pro」というものが存在するけれど、AEとはどう違うの?

Premiere Proとの違いについて

Adobe製品にはもう一つの動画編集ソフトPremiere Pro」というものがあります。AEと似たような雰囲気のソフトですが、こちらはどちらかというと映像を組み合わせたりカットしたりする作業に適しているため、図形やアニメーション、エフェクト等を編集する際には向いていません。

どちらのソフトも一長一短はありますので、上手く使い分けることにより作業効率が上がるかと思われます。ただ、「5分前後」の尺動画を作る際はAEだけでも十分事足りるかもしれませんね。

After Effectsイラストやアニメーション、図形を思うがままに特殊加工&編集することができる。
Premiere Pro:どちらかというと映像のカット、映像同志を繋ぎ合わせたりすることに最適。長尺編集(20分とか)をする際にはこちらがいい。

かげひと
かげひと
シーンごとにAEで制作した後それらをPrで組み合わせる…といった使い分けも可能です。

AEの構成内容

では、次にAEの画面構成について説明します。

ワインさん
ワインさん
わぁ…。クリスタやPhotoshop、illustratorとはまた違った画面構成ですね…。

では、順を追って説明していきますね。

①プロジェクトパネル
こちらには、動画に組み込む予定の「データ」が一覧として載っています。ペイントソフトで作ったイラストだったり、入れたいBGMのデータ実写動画等を取り込んだ時には、こちらに表示されます。

使用したいデータをAEに入れる際には、AE内の「ファイル」から選択するか、データを「ドラッグ」してこのパネル上に持っていくだけでも取り込むことが可能です。

かげひと
かげひと
パネル内にあるデータをクリックすると、パネルの上部にサムネ画像が出てくるのでどんなデータなのか一目瞭然ですね!

 

②コンポジションパネル
こちらのパネルには、今現在制作している動画の作業台みたいな感じです。ペイントソフトで例えると「キャンパス」部分ですね。「コンポジション」というのは、動画用語で「動画を構成するための作業場所、箱」みたいなものでして、他の用語で例えると「フォルダ」、「グループ化」みたいなものでしょうか?

動画編集が複雑化する場合シーンや図形ごとに「コンポジション」でまとめることにより、そのまとまったものを一度に動かせたりコンポジション自体にエフェクト等を入れる事もできます。

コーヒーさん
コーヒーさん
ふむふむ、このパネルは作業台みたいな感じだね。

 

③タイムラインパネル
こちらは、「イラストにどういった動きをさせるのか」「どのタイミングで効果音を入れるのか」というような命令を打ち込む場所です。このパネルは動画を作っていくにあたり非常に重要なパネルになりますので、このパネルが表示されていないと動画を作ることができません(笑)

上記画像の左が「現在動画に配置しているデータの一覧」、右側が「キーフレーム」というものを打つ場所になります。キーフレームについては後述します。

 

④なんかいろいろ詰まっているパネル
こちらは初期設定時に配置されているパネルになります。正式名称についてのソースが見当たらなかったため、ひとまず「その他のパネル」と名付けます。初期設定時には、現在制作中の動画の”情報”だったり、以降に詳しく説明する”エフェクト”の項目のタブが入っています。

④のパネルにも言える事ですが、これらは自由にカスタマイズできるので、自分に合った画面構成を作ることが可能です。ちなみに、④その他のパネルには他の機能のタブを入れる事が可能で、例えば私の場合だと「文字入力のタブ」、「段落(文字の位置を変更する)タブ」、「ペイント(簡易ですが、動画編集内でもブラシを使って絵を描くことができます)」などといったよく使うものをセットしています。

かげひと
かげひと
初見だとチンプンカンプンかもしれませんが、使っていく内に慣れるので大丈夫ですよ!

動画が動く仕組み

すごく簡単な説明にはなりますが、動画内でイラストが動く仕組みについて説明したいと思います。

そもそも、動画内でどうやってイラストや図形を動かすのかというと、先ほど紹介した「③タイムラインパネル」内で「キーフレーム」というものを打つことにより、物体が動く…というのが動画編集の仕組みです。動画編集をやるにあたって「キーフレーム」というのがすごく重要になってきます。

何を言ってるか分からん…という方のために、分かりやすく動画を準備してみました!

画面のように「イチゴ」を左から右へ動かしたい場合、下記のような手順で動かします。

  1. 「プロジェクトパネル」に入れておいた「イチゴ」のイラストを、下記の「タイムラインパネル」にドラッグ。これで画面上にイチゴが配置されるようになる
  2. 次に、タイムラインパネル左側のイチゴデータの「▼」を押すと、「位置」や「不透明度」などといったリストが登場するため、「位置」の左にある「時計マーク」をクリック。これで「キーフレーム」を打つ準備ができる。
  3. 時計マークを押した時点で「初めのキーフレーム」が打たれているため、2秒付近までイチゴを画面右にドラックし、離す。すると、「右側にあるイチゴ」のキーフレームが自動的に打たれる
  4. 再生ボタンを押すと、イチゴが左から右へ移動する。

この動作を俗に「キーフレームを打つ」と言い、こういった仕組みでイラストや図形が動きます。

かげひと
かげひと
動画編集は、これが基本中の基本になります。世に出回っている動画というのは、この「キーフレームを打つ」動作を何個も何百個も打って作られているんですね。
コーヒーさん
コーヒーさん
初見の人にとっては何が何だか…って感じかもしれないけど、「キーフレームは”物体を動かす命令”なんだな!」って考えるといいかもね。

「エフェクト機能」はかかせない

動画の作り方の基本はこんな感じですが、ただタイムラインパネルに配置されたイラストだと、移動させたり、不透明度を下げたり、ズームしたり…という簡素な動きしかさせることができません。動画でよく見かける「文字にキラキラをつける」とか、「画面全体をブラウン管のようにブレさせる」といった効果は、AE内に備わっている「エフェクト機能」というものに全て頼っていく事になります。

かげひと
かげひと
エフェクト機能は動画編集者にとって大変ありがたい存在です。このエフェクトが無いと、動画編集を彩ることができません

AE内に初期から装備されているエフェクトはたーくさんあるので、ここで全ては紹介しきれません…。ちなみに、私がよく使用してるAE内のエフェクトを抜粋すると、「ブラー(イラストをブレさせる、残像をもたらす機能)」、「グロー(イラストを光らせる)」、「色彩補正」といったところでしょうか?

中には、「雨を降らせる」、「雪を降らせる」、「電波みたいな波紋を出す」といったエフェクトも備わっています。こういったエフェクトをダブルクリックだけで追加できるので、超便利です!

エフェクトには「数値の設定(例えば、雨の量を増やしたり、電波の波紋の色を変更したりetc…)を変更できる機能もありますので、これらを調整する、または「数値自体にキーフレーム」を打つ、といった内容についても徐々に覚えていくことを絶対おススメします。

ワインさん
ワインさん
まずは、「AEには「エフェクト」という、既存の素材集がある」ということだけ覚えて頂ければと思います。

動画を保存するまでの流れ

さて、ここまではAEのざっくりとした使い方について説明しましたが、最後に「動画の保存の仕方」について説明します。実は、ペイントソフトのように「jpg保存をする」だけクリックすれば保存できる…という簡素な保存方法ではありません

コーヒーさん
コーヒーさん
えっ…?
かげひと
かげひと
といっても、こちらも最初は戸惑いますが、使っていく内に慣れるのでご安心を。

動画を保存する際には「エンコード」という処理が必ず必要になってきます。エンコードについて分かりやすく説明すると、「動画」と「音声」を合体させ、さらにこれらのデータを圧縮する作業の事を言います。このエンコード作業を行わないと、動画ファイルが莫大なサイズになってしまうからです

もう少し分かりやすいように例え話をすると、下記のようなデータを用いて動画を制作したとします。
・実写映像(300MB)、イラストデータ10枚(10MB)、音声データ(60MB)
これらを使用して1分の動画を制作しました。
制作した動画を「MP4形式(動画ファイルの一種)」にエンコードすると、データサイズは「80MB」になりますが、エンコードをしないと「370MB+動画編集内でかけたエフェクトのデータ」といった大きなデータサイズになってしまいます。

エンコードを処理を通じて、初めて「MP4」データなどが生み出される…というわけです。エンコード無くして動画ファイルは生まれません。

かげひと
かげひと
そのため、制作した動画を公開したりストックサイトに投稿する際には、絶対必要な作業になります
コーヒーさん
コーヒーさん
「エンコードをしていないよ」っていう動画編集者、見た事ないもんね。

実は、エンコード作業をする際には「もう1つソフト」を準備する必要があります。こちらも有料or無料ソフトが存在しますが、Adobe製品を使用している方の場合「Adobe Media Encoder(エンコード専用のソフト)」というソフトをインストールするだけでOKです。

もし、AEを単品で購入している方の場合は、「CCコンプリートプラン」に加入するか、もしくは無料のエンコードソフトをインストールする必要があります。

ワインさん
ワインさん
へー!動画ファイルを保存する際にはもう1つソフトが必要になるんですね。

 

では、動画をエンコードして「保存」する方法を説明します。

①AE上部メニューの「ファイル」→「書き出し」→「Adobe Media Encoder キューに追加」をクリック

②「Adobe Media Encoder」をインストールしている場合、このソフトが自動的に起動される。「書き出す動画形式(動画ファイル形式はMP4以外にも多数ある)」等を設定した後、再生ボタンを押してエンコードスタート!

④エンコードが完了すると「ピロリン♪」と合図の音が鳴る。エンコードし終わった後のデータ出力先については、「AEのファイルデータ」が保存されているファイルと同じ場所に作成されるので、中身を確認しOKだったら出力終わり!

以上が「エンコード」の一連の流れになります。

ペイントソフトと違いひと手間かかる作業にはなってしまいますが、動画の仕様上仕方のないことです。慣れてしまえばなんてことないので、ぜひ実践してみてください!

おススメ勉強コンテンツ

ここまで「After Effects」の使い方をざっくり説明してきましたが、「動画編集ソフトは何が出来るのか?」また「動画を出力するまでの手順は?」といった内容について、なんとなく分かっていただけたかと思います。

基本的な内容は抑えたので、もっと深く知りたい!」という方については、まずは無料で閲覧できるサイトやメイキング動画を確認した後有料講座や書籍等を参照してみることをおすすめします。

かげひと
かげひと
参考として、私がお世話になった書籍をご紹介します。これらは「ネット上で無料で基本操作を学んだ後」に購入した方がより効果的に学ぶことが可能です。

こちらは、YouTubeで「動画のメイキング」を無料で公開している「あくしょんプラネット」チャンネル運用者が書いた本となります。

こちらには実践に使える演出のアイデアが詰まっていますので、動画編集の見聞を広めるには持ってこいの1冊です

 

こちらはどちらかというと「アニメ制作」を目的とした方へおススメする書籍になります。アニメ会社によっては、アニメを制作する際にAEを使用しているところもあるそうです。その事実を知った時には驚いたと同時に、なんだか親近感がわきました…。

そんなアニメに関する用語(フレームとか)や、アニメによくある演出の出し方(フェードアウトなど)といった「アニメ寄りの動画編集の仕方」について事細かに掲載されています。

 

動画編集について基本をある程度身に付けたら、これらの書籍も参考にしてみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「Adobe After Effectsの使い方」ということで、特にイラストレーターや絵師が動画編集を始められる場合に「できるだけ導入しやすい」ような解説で紹介してみました。

動画編集と聞くとハードルを高く感じてしまいがちですが、始め方は「ペイントソフトで初めてイラストを描き始める」場合と全く同じです。まずは少しずつ勉強していき実践を交えることにより、いつの間にか「動画編集って簡単じゃん!」と思えるようになります。

これから動画編集を始められる方は、下記の順番で勉強していくと段々と興味が湧いてきて効率的に勉強できるようになるかもしれません。

  1. 動画編集はどんな場面で活躍しているのか?
  2. 動画編集というお仕事の相場について(料金や納期など)
  3. 動画の保存形式について(イラストで置き換えると、「.jpg」と「.png」の違いとは?といった感じ)
  4. 動画編集ソフトの使い方

Adobe After Effectsは、イラストを動かしたりオブジェクトに特殊加工を付ける事に特化した、「イラストと相性が良いソフト」になります。AEで出来る事をざっくりまとめると、下記の編集をすることが可能です。

  • 簡単にアニメーションを作ることができる(イラストデータさえ準備したら、AE内で動かすことも可能)
  • 文字を入れる事ができる
  • 3D空間を作ることができる
  • エフェクトがめちゃ豊富(イラストで言うところの「素材」にあたるもの。)
  • 音声についても編集できたり、リバーブなどのエフェクトをかけることができる

AEの画面構成はペイントソフトとまた違った雰囲気ではありますが、カスタマイズが可能です。また、動画を保存する際はペイントソフトよりもひと手間かかる手順が必要ですが、動画データの仕様上仕方のないことです。ただ、こちらも慣れてしまえばさくさく保存することができます。

今回の記事が、動画編集を始められる方への手助けになれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは!

MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート