フリーランス

イラストレーター1周年記念 これまでの活動をまとめてみた

かげひと
かげひと
こんにちは!イラストレーター
無印かげひと(@kage86kagen)です!

実は本日7月31日、この日をもって私はフリーランスイラストレーター1周年を迎えることができました!お祝いのケーキも買っておきましたので、後でゆっくり食べようと思います(笑)

コーヒーさん
コーヒーさん
おめでとう!
ワインさん
ワインさん
おめでとう!

簡単に説明しますと、
私は昨年の7月末、長年勤めていた会社を退職し、フリーランスのイラストレーターとして活動を始めました。会社員とはまた違った働き方ですし、不慣れなことで試行錯誤しながら頑張ってきましたが、今月の末をもって無事活動1周年を迎えることができてホッとしています。

絵を描くのが好きな自分の事だから、挫折はしないだろう…と思っていましたが、実際に挫折をすることなく1年間続けてこれたので、「よく頑張ったね…!」と自分自身に言いたい気分です。

そんなわけで、今回の記事では「フリーランス&イラストレーターになって1周年記念」ということで、過去1年間の活動実績をまとめてみていこうと思います。

この記事が参考になるかどうかは読者次第ではありますが、「今までイラスト業に就いたことが無い人でも、こんな感じで1年間はなんとか頑張ってきたよー」という軽い感じでお伝えしているので、軽い気持ちで見て頂ければ幸いです。

・これからイラストレーターを目指す方
・イラストとは畑違いの仕事をしているけれど、将来イラストレーターとして活動したい方
・コロナショックの最中に退職した人の話が気になる…
などなど、特に上記について考えている方には、役に立つ情報が載っているかもしれません。一つのロールモデルとして参考にしていただければ幸いです。

会社を退職したきっかけ

まずは、「退職を決断したきっかけ」について紹介します。主な理由は下記の通りでした。

・昔から絵の仕事をしたかった
・家族の命令により就職した会社が嫌で仕方なくて、ずっと退職したかったから
・家族と疎遠になることができたから

しょっぱなから少し暗めの話になりますが、なんやかんやあって就職し、なんやかんやのすれ違いで家族と疎遠になりました。

これがきっかけで、昔からなりたかった「イラストレーター」への道を決心し、生涯イラストを描いて生計を立てていこうと考えました。

割とネガティブな理由ではありましたが、「これから自由に生きていけるんだ…!」という嬉しさと感動の想いが、退職直後にぶわっと湧いたことを鮮明に覚えています。

かげひと
かげひと
退職直後、退職の挨拶をし会社を後にした瞬間、何とも言えぬ解放感を味わうことができました。

こうして、退職の花束を頂きつつフリーランスイラストレーターへの道を歩むことになります。

フリーランスになる前のステータス

次に、フリーランスになる前のステータスを紹介します。

・子供の頃から趣味でイラストを描いていた
・高校の時に、美術やデザインを専門的に学んだ
・高卒後、イラストとはまったく関係の無い業種に就職
・そのため、イラスト業に関する知識や知り合い、コネは一切なし
・ペイントソフトは5年前から使用
・デスクワーク系の仕事だったので、Office系は不自由なく使える
・貯金は約2年間無収入でも生きてけるほど貯めた

子供のころから絵描きが好きだったものの、実際にイラストを仕事にしていくとなると、少し不安はありました。

また、家族と疎遠になった以上、もはや頼れるのは自分しかいないため、万が一何があってもいいよう貯金はしっかり貯めておきました。ちなみに、退職金はこの中に含まれています。

このような状態でフリーランス活動を始めました。

1年間で受けたお仕事の数

こうして、退職したその足で税務署に開業届を提出し、フリーランスとして活動開始していくことになります。

最初は実績0のため、「とにかく実績が欲しい!!」という思いから様々な場所で営業を行います。特に、初心者が実績を作りやすい「クラウドソーシング」を中心に活動していき、その中でも依頼者が製作者を募るスタンスの「公開提案」に応募しまくりました。

その結果、イラストレーターになってから2週間後、クラウドソーシングを通して初めての仕事を頂くことになります。

かげひと
かげひと
記念すべき最初のお仕事は、「ホラーボードゲームのピッチコンセプト」でした!

それを皮切りに、徐々にお仕事の件数が増えていきました。たまに、長期のお仕事にかかりきりで丸1ヶ月間新規のお仕事を貰えなかった(貰いに行けなかった)時もありましたが、それでもなんとか食いつないで行くことができいうます。

その結果、1年間で多くのお仕事を頂くことができました
ここで、1年間で受けたお仕事の数と内訳について以下の通り紹介します。

・商品PRイラスト:6件
・企業ミニコミ挿絵:5件
・MV制作(動画とイラスト):7件
・MVイメージイラスト:3件
・SNSアイコン:4件
・ブログ挿し絵:3件
・動画広告マンガ:3件
・企業マニュアル冊子制作:2件
・SF小説表紙&挿絵:2件

・ボードゲームピッチコンセプト
・デスクトップ用イラスト
・YouTubeチャンネルED
・子供塾ポスター
・テレビ番組挿入用イラスト
・4コマ漫画
・海外のプロジェクト用イラスト
・ポッドキャスト用カバーアート
・個人観賞用
・知人からの依頼

件数で表すと、約45件もお仕事を頂くことができました!
2021年4月からは「動画制作」事業も始めましたが、サービス開始後に依頼が急増。今までのお仕事の1/3の件数は、ここ数ヶ月で受けた件数になります。

作品自体はかなりの数を制作してきましたが、確実に仕事をもらうため、総じて標準よりも低い単価で見積もってきました。そのため、収入自体はかなり低く、1年間の中で黒字の月は3ヶ月しかありませんでした。これは完全に自業自得であり、実績重視のために低価格で提案してきたことが仇となっています。

ここまで生きてこれたのは、9割貯金のお陰です…。

ただ、動画制作サービスを初めてからここ数ヶ月は、1ヶ月分の生活費を賄えるぐらいの月収入をもらえ続けることができそうな”予感”です。
今現在の目標としては、少しずつ単価を上げていき、余裕ある生活を送れていけたらなと考えています。

1年間の主な出来事

自己成長のPDCAサイクルをギュンギュン回していきたい性質のため、私は自分自身の行動をマメに記録しているタイプです。ですので、イラストレーターとしてのこれまでの出来事も事細かにまとめてきました。

この項目では、1年間の出来事を各月に箇条書きにした記録になります。
少々長いですので、読み飛ばしてもらっても構いません。

●フリーランス1ヶ月目(2020年8月)
開業届を提出し、「無印かげひと」としてイラストレーター活動開始
・ポートフォリオサイトやブログは、5ヶ月前に既に制作済み
・ストックイラストは、2020年2月からやり始めて7ヶ月目
・クラウドソーシング「ココナラ」に登録した
・登録2週間後、ココナラを通じて初のお仕事をもらうことができた。
・新しいストイラサイト「イラストAC」に登録
・新しいソフト「Live2D」を勉強する

●2ヶ月目(2020年9月)
・ストックイラストでは、ほぼ毎日必ず1DLされるようになった
・クラウドワークスに登録した
・↑でコンペに多数応募した(いずれも採用ならず)
・営業の仕方が全然分からなかったので、勉強するようになった

●3ヶ月目(2020.10月)
・複数案件を抱えるようになった
・企業のマニュアル冊子用として挿絵を約380枚制作する経験をした(制作期間約1ヶ月)

●4ヶ月目(2020.11月)
・初めて「DM」からお仕事を頂いた
・初めて小説の表紙&挿絵を手掛けた(SFファンタジー系)
・先月無茶した反動が出てしまい、制作活動は全体的に控えめだった
・本をたくさん読んだ(特にビジネスに関する自己啓発本)

【電子版】無限軌道☆クリスタルロード 電子書籍 「パレードブックス」公式サイト

●5ヶ月目(2020.12月)
・登録しているストックイラストの月収入総計が、「1万円」を超えるようになった。
・継続案件に取り掛かっていたものの、12月に納品予定の案件が無かったため、月の収入額が過去最低を記録した。

●6ヶ月目(2021.1月)
・MVイメージイラストの制作に携わった「ボーカロイド楽曲(メガナガメさんの楽曲)」が数日で10万再生を突破した(ニコニコにて)
・DTPデザインが必要な案件を受けたため、InDesignを勉強した

●7ヶ月目(2021.2月)
・ツイートがバズった(RT1万超え、いいねが4万超え)
・↑これにより、Twitterフォロワー数が80→270人ほどまで増えた
・初めて確定申告を行った
・初めて海外案件を受けることができた

●8ヶ月目(2021.3月)
・動画制作の勉強を始めた(Adobe After Effects導入)

●9ヶ月目(2021.4月)
・初めてMV制作を行った(ストップアニメーション)
・動画制作サービスを開始した
・NFTについて本格的に勉強し始めた

●10ヶ月目(2021.5月)
・イラコンで初めて最優秀を受賞した
・動画制作のお仕事を数件頂いた
・サイトデザインを一新した

エマプロジェクト

●11ヶ月目(2021.6月)
・NFTstudioでイラストが販売開始になった
・Twitterフォロワー数は400人を超えた
・引き続きMV制作に携われた

●12ヶ月(2021.7月)
・YouTubeチャンネルのEDを制作した
・ストックビデオを始めて数ヶ月、複数の動画素材が売れるようになった
・初めて展覧会に参加した(完全委託)

~現在に至る~

 

こうして振り返ると、いろいろ挑戦してきましたね。この1年間は、本当にあっという間でした。

イラストレーター成り立ての頃は、「とにかく何でもやります!」精神で仕事を受けていましたが、今年3月の動画編集をきっかけに、「楽曲のMVを作りたい!」というやりたいことを明確に定めることが出来ました。

そのため、それ以降はMV楽曲に関するイラストを中心に制作しています。もちろん、それ以外の媒体で使用するイラスト等も制作しているので、ご依頼される方はぜひご相談ください!(宣伝)

コーヒーさん
コーヒーさん
2021年4月下旬に動画制作サービスを始めたけど、およそ3ヶ月で11楽曲のMVを制作することができたよ!

フォロワー数の動向

現代ではもはや”信頼”の証にもなる「SNSのフォロワー数」ですが、メインで使用しているTwitterのフォロワー数の推移は、こんな感じになりました。

2021年1月~2月に一気にフォロワー数が増えましたが、これは、

・MVイラストを担当したメガナガメさんの楽曲がヒットしたことによる恩恵
・「瞳の移り変わり」について解説したツイートがバズったことによる恩恵

この2つが主な恩恵となり、フォロワー数も一気に増えました。現在はお仕事で関わった方中心に繋がりつつ、作品を見て気になった方からもフォローを頂いています。

Twitterのフォロー数が多いからと言って、必ずしも「仕事ができる人」「絵が上手い人」という事には繋がりませんが、知名度においては参考になる指標です。

イラストレーターを初めて400人以上の方に知って頂けたのは、本当にありがたいです。ただ、今後もフォロワー数やその増減に気を取られる事なく、今まで通り淡々と情熱的にお仕事を行っていきたいと思います。

ブログのPV数

私はポートフォリオサイトの他に、この「情報ブログサイト」も運営しています。こちらは2020年3月から運営していきましたが、今までのPV数等もまとめてみました。

ブログの方も見事な成長っぷりです。

このブログでは、イラストに関する様々な情報を載せていますが、特に「ストックイラスト」に関する情報については、たくさん載せています。

記事の閲覧者の大半は、このストックイラストに関する記事になります。特に「ストックイラスト5社を比較してみた」記事を投稿した後からは、1日のPV数も急上昇
今月はついに月1万PVを超えるところまでいきました!

得た知識は独り占めにせず同業者と共有したいという思いから、ブログに掲載している情報は全て無料になります。今後もイラスト動画制作に関する情報を無料で紹介してくつもりです。

これからイラストレーターとして活動したい方、他のイラストレーターの状況について知りたい方など、気になる方はぜひご覧ください!

1年間の活動を振り返ってみた

さて、ここまでいろんな角度から自分の活動を振り返ってみました。こうして振り返ってみると、個人的には怒涛の1年間だったように思えます。

今までイラスト業に就いたことがない事に加え、このご時世の最中に退職…。当初は収入面で物凄く不安があったのですが、イラストレーター1年目を迎えた今、月の生活費を賄える程度までなんとかこぎつけることができました。短期間で成果が出る人は、思っている以上に少ないと思うので、やはり諦めずに続けることが一番大事なんですね…。

ということで…、今回はイラストレーターになってから1周年記念として、これまでの過去1年間の活動をまとめてみました。参考になるかは個人次第ですが、一つのデータとしてお納めいただければ幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました!

今後もバリバリ制作活動をしていきますので、応援よろしくお願いします!

フリーランスイラストレーター
無印かげひと
イラストと動画編集を生業としているフリーランス。最近はMV制作を中心にお仕事しています。コーヒーとワインと無印良品が好き。