雑学

版権によってはそもそも禁止?二次創作イラストを描く時の注意点

この記事では、以下のことについて解説しています。

●二次創作を描く時の注意点ってなに?
●二次創作を許可しているのはどんな会社や個人?
●プロの絵描きは二次創作を投稿していいの?
●二次創作で依頼を募っていいの?

かげひと
かげひと
こんにちは!イラストレーター
無印かげひと(@kage86kagen)です!

みなさんは「二次創作」というものをご存じでしょうか?
版権元のキャラクターなどを自分で描く二次創作というのは、今に限らず昔から行われてきた文化です。そういった活動は、ネットの普及が加速するとともに急速に広まっていきました

大好きな版権を自分の絵柄や解釈で描くことは、とても楽しいことですよね。でもその一方で、二次創作を行う方は最低限のルールを知っておく必要があります。

大好きな作品を「二次創作」し、アップロードする…。今ではみんなが当たり前のように行っていますが、これは版権元によっては「違法行為」になる作品もあるかも…!?

ということで、今回は「版権によってはそもそも禁止?二次創作イラストを描く時の注意点」についてご紹介したいと思います。

・そもそも、二次創作はやっていいの?
・二次創作をするにあたっての注意点
・プロの絵描きは二次創作イラストをあげてもいいの?
・二次創作で依頼を募っていいの?
などなど、二次創作を行う方に気を付けて頂きたいことを、情報元を交えながら解説していきたいと思います!

※今回の記事は専門家の意見ではなく、あくまで一個人の意見をまとめた記事になりますが、根拠となる「著作権」や「二次創作ガイドライン」を参考にしてまとめています。「根拠が第一」ということを念頭に置いた上で、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

二次創作について

二次創作とは、「元ネタ(原作元)」を参考にして、自分で作った制作物の事を指します。
これに類似して「一次創作」という言葉もありますが、これは「元ネタ(原作元)」そのものの事を指します。

コーヒーさん
コーヒーさん
いわゆる「オリジナル作品」ってことだよね。

例えると、漫画「鬼滅の刃」に登場するキャラクターを自分で描いたり、ゲーム「東方project」で使用されている楽曲を自分でアレンジしたりすること、これらを「二次創作」と呼びます。

こういった二次創作物は、ネットが普及していくにつれみんなに共感してもらい思い出ネット上で公開する人が増加しました。その結果、近年では二次創作が経済を回していくほど、二次創作活動が活発に行われています。

二次創作を利用した活動例を挙げると、「同人誌」とや「コスプレ」などが該当します。

ワインさん
ワインさん
オタクの祭典」とも言われる「コミックマーケット」でも、二次創作物を扱った作品がたくさん販売されていますよね。
かげひと
かげひと
コミケ」の来場者数は年々増加しており、2019年の年末に行われたコミケには、なんと約75万人の来場者数を記録しています。かなり盛り上がっていますね。

そもそも二次創作はやっていいの?

こういったように、経済をも大きく回している「二次創作」ですが、そもそも二次創作はやっていいのでしょうか?

はっきり言ってしまうと、答えは「違法」です。

コーヒーさん
コーヒーさん
えっ…?

これは「著作権法」という法律の話に発展します。みなさんが描くイラスト(完全なオリジナル)は、制作した時点で制作者自身に「著作権」が生まれますが、この著作権を勝手に使うことは、法律上「違法」になります。

著作権とはどんな権利?

著作物を使うときは、著作権を持っている人から許可を得る必要があります。

引用元:みんなのための著作権教室(http://kids.cric.or.jp/intro/01.html)

例えば、以下のようなことがあったとします。

Aさん「既存のキャラを使用していない、自分でストーリーやキャラクターを考えたオリジナルの漫画を描きました!」
Bさん「Aさんの漫画に登場するキャラクターを、Aさんの許可を取らずに使用して、自分なりに可愛く描きました!」

この場合、Aさんが作成した漫画の「著作権」は、制作者であるAさんに発生します。

この著作権は原則として、「著作権を所持している人の許可を得ないと二次創作やコピーが作れない」と法律で定められているため、「Aさんの許可を取らずに自分なりに可愛く描く」といったBさんが行った行為は、原則として「違法」となります。

実は、こういった行為がネット上で毎日行われていますが、版権元から許可を得ていない、もしくは「二次創作OK!」と表記していない版権元の二次創作品は、法律上では全て「違法行為」という判断になります

こちらのツイートでも、二次創作について弁護士監修で分かりやすく説明しています。

 

コーヒーさん
コーヒーさん
で、でも、好きなアニメのキャラクターを描いて、みんなに見てもらいたいんだけどな…。
ワインさん
ワインさん
い、違法と知ってしまったからには、二次創作はやっちゃいけないのでしょうか…?

「二次創作OK」と表記している著作物であれば制作OK

いえいえ、そんなことはありません!あくまで「二次創作を許可をしていない」版権を描く場合が違法になるだけですので、版権元で「二次創作OK!」と記述してあれば、その作品は二次創作をしても問題ありません。

版権元が「二次創作OK」かどうかを知るためには、その会社や個人が掲げている「二次創作ガイドライン」や「規則」などを確認する必要があります

ガイドラインの表記は、下記のような場所にあるのこと多いです。

  • 版権元の各サイトを検索する(特に、サイト下部に載っている場合が多い)
  • SNSのプロフィール欄を見てみる
  • ツイート内から検索する(めちゃ大変だけど)

これらの方法で確認してみて「二次創作OK」の表記があるかどうかで、「二次創作を描いてもいい」かどうかが正式に分かります。

大手の会社であれば、大抵は二次創作についてのガイドラインの記述を載せている場合が多いです。例えば、VOCALOIDで有名な「piapro」の現在の二次創作ガイドラインは、以下のように記述されています。

キャラクター利用のガイドライン

PCLでは、非営利かつ無償の場合に限って当社キャラクターの二次創作物の利用を許諾しています。

ご利用いただける例
個人や同人サークルなどによる、非営利かつ無償の利用

引用元:piapro「キャラクター利用のガイドライン」(https://piapro.jp/license/character_guideline)

コーヒーさん
コーヒーさん
本当だ!二次創作について説明しているね!

ちなみに、ピアプロでは「クリエイター応援」を目的として、2021年6月からは「ピアプロキャラクターを利用したYouTube投稿動画の収益化」について、正式にOKというニュースが発表されました。

[参考サイト]初音ミク公式ブログピアプロキャラクターズを使用したYouTube投稿動画の収益化を解禁!

かげひと
かげひと
ちなみに、「二次創作を行ってもいいですか?」と個人で直に会社に問い合わせることはご遠慮ください
ただでさえこういった問い合わせが多い中、会社の処理が煩雑になる他に、「黙認」している会社に「NG」判断させてしまうきっかけにもなってしまい、二次創作そのものが出来なくなる可能性があります。

二次創作OK&NGを示している企業

版権元「原神」(ガイドラインにより、二次創作OK)
※版権元「原神」(ガイドラインにより、二次創作OK)

二次創作がもたらす影響力を鑑みて、最近は二次創作について記述してくれる版権元が多くなってきました。そこで、一部抜粋ではありますが二次創作について明確に記述しているorしていない会社や企業を紹介します。

二次創作OKの版権元

piapro(ボーカロイド)
ANYCOLOR株式会社(にじさんじ)
株式会社miHoYo(崩壊3rd、原神)
株式会社カラー(エヴァンゲリオン)
株式会社カプコン(モンスターハンターなど)
etc…

※ただし、商用利用、収益化に関する二次創作については各ガイドラインを参照

二次創作物のネット投稿や配布禁止の版権元

株式会社サンライズ(ガンダムなど)
株式会社プロダクション・アイジー(攻殻機動隊など)
etc…

※あくまで「ネット上への投稿」や「他人への配布禁止」を指す。ネットに公開せずに、個人で楽しむための二次創作は禁止…とは言っていない。

そもそも二次創作NGの版権元

株式会社東映(仮面ライダーなど)
白泉社
etc…

グレーゾーンや記述が無い、または黙認の版権元

任天堂(「ゲーム実況」や「ゲーム紹介動画等」については明確にガイドラインが定められているが、「ファンアート(二次創作)」に関しては明確な記述がされていない。)
小学館二次創作についての記述無し。ただし、過去に「著作物侵害」で同人作家を訴えた実績あり。
集英社(ファンアート(二次創作)に関しての記述無し。黙認。)
etc…

コーヒーさん
コーヒーさん
小学館や集英社が出版元の漫画は特にたくさんの二次創作が行われているのに、二次創作については何の記述も無いんだね
かげひと
かげひと
なかなか難しい所ですよね。「二次創作は禁止!」と表記してしまうと、ファンの創作活動を狭めてしまいますし、逆に「二次創作OK!」と宣言すると、それはそれで不具合があったり…。
ワインさん
ワインさん
公式でも判断することが難しく、「グレーゾーン」や「黙認」としているところが多いんですね。

先ほど紹介したのは、どれも大手企業団体が著作権を持っている場合です。個人規模で制作したイラストボーカロイド楽曲についても同様で、二次創作の記述については製作者によってまちまちです。

ただ、こういった「楽曲(特にボーカロイド関係)」に関しては、「楽曲」と「ジャケットイラスト」、「MVの映像」は、制作者ごとに著作権があります。「楽曲はご自由にお使いください!」とオフボーカルバージョンが配布されたとしても、MVについての使用許可がない場合は、勝手に使用することはNGです

二次創作禁止!と公式で表記している著作物に関しては、無用なトラブルを避けるために少なくとも「ネットへの投稿」や「他人への配布」は控えておいたほうがいいかもしれませんね。

プロは二次創作をやっていいの?

イラストレーターや、イラストを仕事として収入を得ている方にとっては、おそらく一番気になるところだと思います。

こちらも「法律」や「ガイドライン」がルールの大元になるため、版権元で「二次創作OK!」と書いてあれば「趣味の範囲内で」二次創作イラストを描いてもありだと思います

ですが、趣味を超えて「仕事」として描く場合は、話が違ってきます。そのため、プロとして二次創作を行う場合は「商用利用」の記述にも注目しなければいけません。

コーヒーさん
コーヒーさん
商用利用」ってなに?

商用利用とは、「営利目的」でコンテンツを利用する事を指します。要するに、お金を得ることが目的の場合です。逆に、完全に個人で使用する場合は「個人利用」、「非商用利用」という言葉になります。

ちなみに、ほとんどの版権元では商用利用」や「事業性の高い営利目的」での二次創作を禁止しています

私が知る限りだと、個人に対してのみ、営利目的とした二次創作を正式に許可しているところは、ゲーム「東方project」を作ったサークル「上海アリス幻樂団」のみです。

東方Projectと二次創作
イラスト、同人誌、同人ソフト、動画、アレンジ音楽、イベント、日本酒、などなど、
東方Projectを題材とした二次創作は多岐に渡ります。

ZUNさんはルールの範囲内で二次創作を公式で許可しています
(※ 二次創作を行う際は、【東方Projectの二次創作ガイドライン】をご一読下さい。)

ZUNさんは二次創作に対しては「自己責任でやってもらって良い」と言うスタンスです。

引用元:東方よもやまニュース(https://touhou-project.news/touhou_project/)

かげひと
かげひと
二次創作そのものについて許可を出している版権元は多くなってきていますが、利益目的とした二次創作活動は、ほとんどの版権元で禁止と書かれています。

ですので、クラウドソーシング上などの金銭が発生する場所で、「仮面ライダーに登場するキャラクターのイラストを描きます!」などといった依頼を絵描きが募るのは、完全にアウトになります。
(株式会社東映は、そもそも二次創作NG)

コーヒーさん
コーヒーさん
じゃあ、「ゲゲゲの鬼太郎」風のイラスト、描きます!」っていうような「オマージュ」や「パロディ系」の依頼はやって大丈夫なの?
かげひと
かげひと
こ、今回の話は「二次創作」についての話なので、「オマージュ」や「パロディ」については、ご自分で調べて見てください。この前調べたら、「オマージュと著作権」に関する情報もありましたよ!
ワインさん
ワインさん
(上手い具合にはぐらかしましたね…。)

ポートフォリオ使用は版権元によってはOK

自分の実績や能力をまとめた作品集「ポートフォリオ」に二次創作物を載せている方がいらっしゃいますが、版権元で「二次創作OK」とあるのであれば、載せても大丈夫(だと思います)。

実際、ここ数年は「IP案件」といって、既存の著作物をそのままそっくりに描くお仕事も盛んに取引されてきいます。そういったIP案件を獲得したいのであれば、ポートフォリオに載せるのも一つの手だと思います

※IP・・・「知的財産」のこと。簡単に言うと、価値のある情報ブランド化された著作物。「ポケモン」や「ONE PIECE」、「ドラクエ」などといった、世界的にブランドとして認知されている規模の著作物は、「大型IP」と言われることがある。

ゲーム関係のお仕事を獲得したいのであれば、二次創作物をポートフォリオに組み込むのもいいかもしれませんね。

二次創作を描く時はガイドラインを一読すること

さて、ここまで二次創作について説明してきましたが、二次創作イラストを描く時は、なるべく版権元の「二次創作ガイドライン」を参照することをお勧めします。版権元によって「二次創作OK」だったり、「営利を目的としない二次創作であればOK」などなど、規約はまちまちです。

何はともあれ、版権イラストを描く際には、「二次創作」や「著作権」に関する知識を身に付けておいたほうがおススメです(というより、一読しておきましょう)。下記に二次創作や著作権について分かりやすく説明しているサイトを載せていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください!

MIRACREちゃんと知りたい 二次創作。

ベリーベスト法律事務所二次創作は法律違反になる? 行為の解釈と著作権法違反のポイントを解説

かげひと
かげひと
お互いの身を守るため、そして表現の自由を狭めないためにも、クリエイターであれば「ルール」はきちんと把握しておきましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「版権によってはそもそも禁止?二次創作イラストを描く時の注意点」についてご紹介しました。

普段何気なく描いている二次創作。版権元の「二次創作ガイドライン」によっては、ネットでの公開を禁止していたり、そもそも「二次創作禁止」とうたっているところもあります。

特に、イラストレーターイラストを仕事している方要注意。二次創作は良くても「二次創作を利用した商用利用(個人の範囲を超えた営利目的)」は、版権元のガイドラインによって許可の範囲が違います

ただし、「ポートフォリオ」であれば、「二次創作OK」の版権イラストを載せることは可能です(だと思います)。最近はIP案件も多くなってきていますので、そういった道に進みたい方は、二次創作イラストを組み込みのも一つの手かもしれませんね。

一つ注意ですが、二次創作を勝手に行ったことによる「著作権侵害」というのは、著作権元から訴えが無い限り提起できない「親告罪」という犯罪です。「二次創作について規則が載っていないけど、みんなが描いているから」という理由で描くのもよいですが、著作権元から訴えられれば、負けは確定となります。

二次創作ガイドラインが設定されていない作品を描く際は、「自己責任」を念頭に置いて二次創作活動を行って頂ければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは!

※今回の記事は、専門家の意見ではなく一個人の意見をまとめた記事になります。根拠となる「著作権」や「二次創作ガイドライン」が第一ということを念頭に置いて頂いた上で、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

フリーランスイラストレーター
無印かげひと
イラストと動画編集を生業としているフリーランス。最近はMV制作を中心にお仕事しています。コーヒーとワインと無印良品が好き。