イラストを描くときの考え方

「あの人上手い…」嫉妬の心を和らげる考え方

こんにちは!無印かげひと(@kage86kagen)です!

あの人のイラストが超絶うまい・・・
あいつ、SNSで「いいね」がたくさん付いているよ
あんなに上手ければ、幸せだよな・・・

絵を描かれているみなさん。この「嫉妬」という感情を、一度は体験したことがあるのではないでしょうか?

SNSであげられる著名人の数々のイラスト。横で一緒に絵を描いている友達のイラスト。
そんな方達と自分のイラストをどうしても比較してしまい、その上手さに歯ぎしりした方も多いのではないでしょうか?

ワインさん
ワインさん
相手と比較し過ぎて、嫉妬で胃が痛むが如し···
コーヒーさん
コーヒーさん
なんであんなに上手く描けるのか、さっぱり分からないよ。

···と、私も思ったことがありました。

そんな、嫉妬心を抑えようにも抑えきれない方のために、本日は「嫉妬を少しでも和らげる」考え方を伝授していきたいと思います。

そもそも嫉妬をするのは本能上仕方の無いこと

そもそも、この嫉妬心はどういった場合に湧くものでしょうか?
様々な解釈はあるものの、「ネガティブ」な意味で取り上げられるのがほとんどです。

嫉妬(しっと、Jealousy)とは、三者関係において、自分自身が愛する人が、別の人に心を寄せることを怖れ、その人をねたみ憎む感情である。
(中略)
現在では嫉妬という言葉は、従来において羨望という言葉にのみ用いられていた意味をも帯びるようになっている。

引用元:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AB%89%E5%A6%AC)

言葉を調べてみると、現在私たちが一般意味で使っている嫉妬は「羨望(自分以外の誰かが良いものを手に入れていて、それを楽しんでいることに対する怒り)」と混在しているみたいですね。

ワインさん
ワインさん
この記事での「嫉妬」の解釈は、「羨望」(上手い絵師さんのイラストを羨む、妬む)と混在している意味で解説していきます。

残念ながら、他人がいる限り「嫉妬心」という感情が消えることはありません
むしろ、嫉妬することは本能上仕方の無いことです。犬猫も嫉妬する時があります。

そうと分かっていても、嫉妬は思うように感情をコントロールできませんよね。
コントロールできなくとも、その嫉妬心を少しでも軽くすることはできる・・・。
ということで、次項から嫉妬心を和らげ考え方について、いくつか考察してみました。

嫉妬を少しでも和らげる考え方

目標の絵師さんと競い合わない

究極論から話してしまうと、自分が嫉妬しない領域まで上手くなる。これ超したことはありません。

しかし、この考え方はオススメしません
なぜなら、「上手い」と崇めている絵師さんを追いかけようとしても、その目標の絵師さんも日夜画力向上に励んでいるからです

そのため、「その人を追い越して嫉妬心を消すぞ!」作戦は現実的ではないのです。

なので、目標の絵師さんと競い合う時点で無意味ですし、競う必要がなければ嫉妬心も生み出されません

よって、「こうなりたい!」という目標は作っても目標の相手と絵で競い合わないことが、一番の心の平穏かと思います。

自分が描いた絵は、自分しか描けない

もう1つの究極論はこれです。結構重要な事ですが、今描いている絵柄は自分だけしか描けません他の方には描けないのです

もし、憧れの絵師さんの絵柄をそのままそっくり自分のものにしたい!という方がいたら話は別ですが(少人数だと思います)、大抵の方は他人の絵柄になりたくない自分の絵柄を持ちたい。と思うはずです。

だから、現在絵を描いている時点で、他人の絵と比較し嫉妬する必要はありません

自分のイラストを、第三者目線でよくよく観察してみてください。自分にしか出せない線自分にしかできない色が滲み出ているはずです。

ワインさん
ワインさん
自分にしか表現できないイラストが描ける。だから、絵を描くのって、好きなんだよなぁ。

嫉妬の原因を突きとめる

嫉妬を抱いているということは、自分のイラストに何かしらのコンプレックスを抱いているということ。
自分の嫉妬の原因を深く突きとめることで、嫉妬の根源を無くすことができるかもしれません

嫉妬を抱いているということは、相手の絵のどこかに羨んでいる要素があるということ。その嫉妬の要素が何なのか自分で調べ、習得したかったら勉強すればいいですし、「この表現は自分にはやっぱり合わない」と諦める概算をつけることもできます。

私も美麗なイラストに嫉妬心を抱いていた時期がありましたが、その嫉妬心を突き止めると、どうやら「目」の描き方に憧れていたようですね

そこでしばらくは、上手なイラストの「目の描き方」を参考に独学で勉強し、今では「目の表現」で嫉妬することが少なくなりました。

嫉妬が原動力になる場合もある

なにかとネガティブに扱われがちな「嫉妬」ですが、人によってはこれが原動力となり、逆にモチベーションがアップする場合もあります。

また私の体験談になってしまいますが、とある時期に、大好きなキャラの絵を描いていました。
しかし、ネット上では同じキャラをとんでもなく上手く描かれる方がごまんとおり、意気消沈・・・。

私の「ミミズ絵」なんかじゃ比べ物にならない、むしろ、このキャラを下手な画力で描いてごめんなさい···と、そこまで深く考えこんだ時期もありました。

しかし、ここからが発想が逆転し、「私も周りの人のように、このキャラを魅力的に描きたい!」と思うことができ、憧れの絵師さんの技術を真似て学んで、現在は自分が納得する好きな絵を描けるようになりました。

コーヒーさん
コーヒーさん
まさに、「嫉妬をバネに変えて」画力向上に励んだんだね!

このように、嫉妬心が逆にエネルギーとなり、その力で画力向上を図ることが出来る方もいます。性格上でいうと、負けず嫌いがこんな感じのタイプではないでしょうか?

嫉妬の行き過ぎには要注意!

逆に、嫉妬のし過ぎには要注意です。

他人のイラストと比較しすぎると、「私って、絵描きに向いていないのかな···」と、「絵描きの向き不向き」で物事をかんがえてしまい、最悪筆を置いてしまう(イラストを描くのを辞める)ことも考えられます。

ワインさん
ワインさん
「向き不向き」ではなく、「絵を描いて楽しいかどうか」が重要なのに···。

さらに、行き過ぎた嫉妬心が変な方向に働き、妬みの対象になった絵師さんを執拗に批判したり中傷したりすることはもってのほかです。自分の感情を他人に押し付けてはいけません

最近では、SNS上での誹謗中傷が世間的に大問題になっています。嫉妬心が凶器に変わり、他の方を攻撃することは、例えネット上であっても立派な暴力です。

場合によっては、被害者及び第三者の通報によって訴訟される可能性がありますので、行き過ぎた嫉妬にはお気をつけください

コーヒーさん
コーヒーさん
絵の上手さにイライラし、躍起になってコメントしそうになったら、いったん画面から目を離して一呼吸しよう。気持ちも落ち着くよ。
ワインさん
ワインさん
趣味でイラストを描いているだけなのに、言葉の暴力という悲劇を生んでしまっては、被害者も加害者も両方悲しむことになりますからね

まとめ

いかがだったでしょうか?
嫉妬って醜く卑しい印象がありますが、この感情を考え方ひとつで和らげることができます

さらには、嫉妬心をバネに変えて、自身のイラスト技術を向上することだって可能です。
考え方ひとつで、自分を成長させることができます。

ただ、嫉妬心が悪い方向に傾く場合もあります
他人とイラストを比較し過ぎて比較相手を自分勝手に妬み、誹謗中傷を行う行為は「理不尽に相手を殴っている行為」と同じです。

SNS上では気軽にコメントしやすく、つい行き過ぎたコメントをしてしまうかもしれませんが、コメントを寄せる際には、その言葉が相手を不快にさせていないかよく読み返してから、コメントするように心がけてください。

コーヒーさん
コーヒーさん
最後らへん、「ネットリテラシー」の話になっちゃったね(笑)

嫉妬は悪いことではありません。
絵を描いているみなさんも適度に嫉妬をしつつ、自身の画力向上に努めるなどをして、有意義な絵描きライフを送ってください!

それでは!

イラストレーターを目指す会社員(退職準備中)
無印かげひと
のんきでおっとりしたフリーランスイラストレーター。魅力的なイラストを制作します。コーヒーとワインと林檎が好き。