イラスト作業環境

デジタルイラストをスピーディかつ効率的に描くためのおススメの装備&行動

この記事では、以下のことについて解説しています。

●デジタルイラストを、効率的かつ作業時間の時短を図るための方法とは?
●「絵描き初心者だから…」という遠慮をせず、今すぐ装備を整えた方がいい理由について

かげひと
かげひと
こんにちは!イラストレーター
無印かげひと(@kage86kagen)です!

皆さんは、ペイントソフトイラストを描く時どれぐらいの作業時間で完成させていますか?

作業時間は絵柄描き込み量によって大きく異なるものの、デジタルイラストは「装備やソフトの機能」次第で作業時間を大幅に短縮することができます。作業を効率化することにより、短時間で完成させたり、余った時間でより描き込み量を多くしたりすることも可能です。

また、それに伴い描くイラストの枚数も多くなっていき、結果的に画力向上へと繋げることも…!?

今回は、「デジタルイラストをスピーディかつ効率的に描くためのおススメの装備行動」についてご紹介したいと思います。

・イラスト制作の作業効率化を図りたい
・自分の筆記スピードに限界を感じている
・デバイスを使って、より制作スピードを上げたい!
などなど、これらについてお悩みの方はぜひ当記事を参考にしてみてください!

デジタルイラストは”筆記スピード”を調節できる

デジタルイラストを描かれる方に質問ですが、1枚につきどれぐらいの速さでイラストを完成させていますか?

おそらくですが、アナログ道具の「水彩絵の具」や「油絵」、「コピック」などと比べると、デジタルソフトで描いた方がより早く描くことが出来ると思います。

つまり、アナログイラストとは違い、デジタルイラストは筆記速度をよりスピーディにすることが可能です。

コーヒーさん
コーヒーさん
確かに。鉛筆ならまだしも、水彩絵の具油絵を描くときって、「乾かす」時間も必要だから完成までにどうしても時間がかかってしまうよね。
ワインさん
ワインさん
乾かないうちに塗り足してしまうと、紙がガサついたり、色がぐちゃぐちゃになってしまいがちですからね…。

制作時間が短くなることでのメリット

画力向上を図るためには、「とにかく枚数をこなす」ことに加えて、「1枚1枚丁寧に描くこと」が大事になってきます。また、描き慣れると自分自身の筆記スピードも加速していきますが、画力が人並みよりも上手なラインまで到達すると、自分自身の制作スピードの限界が見えてきてしまうものです。

そういった時には、迷わず「外部」の力を借りましょう!デジタルイラストをさらに効率的に描くための装備ソフトの機能をあらかじめ知っておけば、結果的にイラストをより効率的かつ描くスピードも速くなり、

  • 浮いた時間でさらにイラストを描ける
  • イラスト1枚あたりの描き込み量をより多くする

こういったことが可能になります。

かげひと
かげひと
人間の体には限界がありますので、そんな時は遠慮せずに機械に頼っていきましょう!

デジタルイラストを効率的に描く方法とは?

では、デジタルイラストをより効率的に描く方法とは、どういった方法があるのでしょうか?「画力を上げて効率をよくする方法以外には、以下の方法をおススメします。

・パソコン自体を見直す
・ペイントソフトを熟知する
・デバイスをつける
・ディスプレイをもう一つつける
・ペンの持ち方を変えてみる
・休む

では、次項から順を追って説明していきます。

パソコン自体を見直す

デジタルイラストを描くための肝の部分は「パソコン」そのものになります。まずは、自分のパソコンのスペックについて把握することが重要です。

自分のパソコンのスペックがしっかり整っていない限りは、後に説明する機器を備えたところで、描くスピードが上がらない可能性があります

コーヒーさん
コーヒーさん
そうなんだ…。確かに、コスパがいい安価のパソコンでイラストを描く時って、頻繁に動作が重くなりがちだよね

ただ、パソコンがあまり詳しくない人にとっては、そもそもどんなパソコンを選べばいいのか迷ってしまいがち…。パソコンの詳細については専門サイトを見て頂きたいところですが、ざっくり説明すると、注目すべきパソコン内の機能は「メモリ」の容量になります。

パソコンの「メモリ」は「主記憶装置」と呼ばれていて、よく「机の大きさ」として例えられています。

机は、大きければ大きいほど本棚やゲーム機、飲み物やパソコンなどを同時にたくさん置くことができますが、机がまな板ぐらいの大きさだと、せいぜいA5ノートぐらいしか広げられないですよね…。

メモリはまさに「机の大きさ」みたいなものなので、ペイントソフトが推奨しているメモリの容量よりも小さい場合ソフトを開くことすらままなりません

かげひと
かげひと
他にも、メモリと同じく「CPU」というのも大事にはなってきますが、これについての説明は割愛します。

一般的なペイントソフト「2GB」以上のメモリが必要な場合が多いです。かといって、最低ラインの「2GB」搭載のパソコンを使用した場合、パソコンの容量に余裕が無くなってしまうので、イラストを描く時のペンの動作がカックカクになったり「バケツ塗り」で色を塗るだけなのに10秒かかる…なんて事も起きる可能性があります。

そのため、各ペイントソフトは「8GB」の容量を持つパソコンで使用することを推奨しています。

かげひと
かげひと
ちなみに、まだパソコンに詳しくなかった昔の私は、クリスタを4GBのノートパソコンで描いていました。「4GB」ノートパソコンだと低価格でリーズナブルですが、動作がカックカクすぎて、ペイントソフトの立ち上げだけで1分ほどかかることもありました…。
コーヒーさん
コーヒーさん
立ち上げの時点で時間がかかると、そもそもの絵を描く気力がそがれちゃうよね。

そもそものやる気を削がれないためにも、デジタルイラストをスピーディに描く基盤として、まずは「パソコンのスペック」を確認し、スペックが悪そうだったら買い替えたり、買い替えまではいかなくても中身の機器を取り換えたりすることをおススメします。

下記のリンク先は、「CLIP STUDIO PAINT」で描くときの推奨スペック一覧になります。
( Windows、macOSの両方が載っています)

CLIP STUDIO PAINT 動作環境

ちなみに、パソコン以外で描く手段として「i pad」も強くおススメします。最近はクリスタillustratorなどといった大手のペイントソフトも、i pad専用のアプリが公開されています。

私も外出先などでi padでお絵かきすることがあるのですが、動作はPCに負けず劣らずペンがサクサク進みます。ストレスなく描くことができるので、「PCはハードルが高いかな…」と思う方は、i padを選んでみるのもいいのではないでしょうか?

最近は、i pad単体のみで絵を描いているプロのイラストレーターも増えてきています。しかも、クリスタよりも安いペイントソフト「Procreate」で描いている人が結構多いです。

かげひと
かげひと
Procreate」は、他のペイントソフトよりも機能が少ないものの、値段がとてもお手頃です。

ペイントソフトを熟知する

時短を図るためには、ペイントソフトの機能についてもある程度勉強することが重要です。例えば、ペンや消しゴムを1挙動で呼び出すことができる「ショートカットキー」を駆使すると、かなりの時間短縮を図ることができます

ワインさん
ワインさん
言われてみると、「取り消し&やり直し(アンドゥ)」はショートカットキーを把握していてよく使っていますが、それ以外はというとあまり活用していませんね。

また、ショートカットキー以外の話になると、使用しているペイントソフトによっては絵を描く「便利なサポート機能」もたくさん存在しているので、その機能を知っておくのも制作の効率化に繋がります。

例えば、「フォルダー内のレイヤーの色を一気に変更したい!」というのであれば、クリスタの場合「新規色調補正レイヤー」というものをフォルダ自身にくっつけることにより、フォルダー内のレイヤーの色を一気に暗くしたり色相を変えることもできます

私はクリスタを利用し始めておよそ6年になりますが、つい最近になってやっと「3D機能」を活用するようになりました。かなり便利です。なんで今まで使用してこなかったのでしょう…。

自分が知らない機能は、勉強をしようとしてもその初めの一歩が中々踏み出せないものです。ですが、これを頑張って乗り越えることにより、見知らぬ便利な知識を得ることが出来、さらなる効率化を図ることができます

長年使用しているソフトでも、振り返れば「便利なのにまったく使用していない」という機能もあるかもしれませんので、これを機会に復習してみてはいかがでしょうか?

デバイスをつける

先ほども出た「ショートカットキー」を使用するのであれば、「デバイス機器」を繋げて、そのデバイスにショートカットキーを割り当てて使用することを強くお勧めします。
こちらは、特に「ペンタブ利用者」におススメです。

俗に「左手デバイス」と言われていますが、これはペンを持っていない方の手で「アンドゥ」や「ブラシの呼び出し」、さらには「保存」や「書き出し」といったショートカットキーを駆使することが目的です

使っている方なら分かると思いますが、これがまぁ本当に素晴らしくて、デバイスを繋ぐことによりイラストの制作時間を大幅に短縮することができます

私の場合、ゲーミング機器の「Razer」の「Tartarus Pro」を使用しており、クリスタで使用する際は、下記の画像のようにショートカットキーを割り振っています。

 

こんなにショートカットキーを割り当てて、途中で忘れたりなんかしないの?」と思われるかもしれませんが、最初は確かに覚えるのに苦戦します。ですが、使っていくうちにノールックでも操作できるようになるので、そうなったらこっちのもの。こういったデバイスを活用することにより、イラストの制作作業は大幅に短くなります。

かげひと
かげひと
クリスタ使用者の場合、クリスタ専用の「デバイス」も販売されています。こちらは「握る」タイプで、「Bluetooth」機能もついているので、自分の好きな位置で操作することが可能です。
コーヒーさん
コーヒーさん
めっちゃ便利そう。

 

ただ、左手デバイスを使う時、どうしてもキーの位置が覚えられない方には、

  • 左手デバイスのキーに、「タグシール」を貼り付けてそのキーの機能を書いておく
  • 付箋に、割り当てているキーを一覧にして書いておき、それをデスクトップの隅に貼り付けおく

慣れるまでは、こんな感じの方法をとってみるのもいいかもしれませんね

ディスプレイをもう一つつける

こちらは特にプロとして描いている方におススメですが、ディスプレイをもう一つ備えておくことも時短の手段の一つです。

イラストを描く時は、必ず参考資料を見ながら描かれると思います。参考資料を見る手段として、

  • スマホに映し出す
  • 本を見ながら描く
  • 逐一画面を切り替えて参考資料を見る

こんな方法で見ている方が多いと思いますが、スマホの画面の大きさでは小さすぎますし他の媒体を参考にしながら見るのもかなり手間だと思います

そんな時は、「もう一つモニターを接続する」、いわゆる「デュアルディスプレイ」で作業することをお勧めします。

モニターをもう一つくっつけることにより、メイン画面で絵を描きサブ画面に参考資料を複数映し出すことが可能になります。

そうすると、サブ画面の参考資料をストレスなく見ながら描くことができるようになるので、いちいちスマホに顔を近づけて確認する必要もないですし、本を広げるための机の場所も取る必要がありません。

デュアルディスプレイを付ける場合、個人的には「縦回転」できるタイプのディスプレイをおススメしています。メイン画面と一緒に横に置くと、人によってはかえって場所を取ってしまうかもしれません。縦画面にして置くことにより、上から下まで複数の資料を展開することができます。

もう少し画面をうまく活用すれば、一気に10枚以上の参考資料を並べることもできます

 

ペンの持ち方

意外かもしれませんが、液タブやペンタブで描く時のペンの握り方でも時間短縮を図ることができます。

小さいころ、鉛筆やペンを持つときに「正しい持ち方」という持ち方を学んできた方が多いため、デジタルイラストを描くときにも「正しい持ち方」で描いている方が多いかもしれませんね。

この持ち方でも問題はありませんが、ペン先をさらにスイスイ運ばせたい時には、「親指をペンに乗っける持ち方」をすることをおススメします。

正しい持ち方」で線を引く時、「親指」の曲がり具合が原因で、ペン先の可動域が自然と狭まっている状態です

コーヒーさん
コーヒーさん
正しい持ち方」は、どっちかというとペン先を安定させるための指の配置っぽいもんね。

対して「親指をペンに乗っける持ち方」は、「正しい持ち方」のように親指を曲げることなくペン先を最大90度あたりまで曲線を描くことが可能です。これにより、ペン先の可動域が大幅に広くなり線を一筆引く時のストロークを伸ばることができます

描く部位にもよりますが、例えば「長い髪」を描く時はストロークが長ければ長いほど描きやすいですよね。こんな感じで、ペンの持ち方を変えるだけでも作業の効率化を図ることが出来ます。

ただし、持ち方を矯正するのにかかる時間は個人差があると思われますので、ご注意ください。

休む

パソコンの動作環境を見直す以前に、「休む」という行動も非常に大事です。同じ作業を長時間ぶっつづけてやると、集中力が途切れてダレてしまい制作スピードも急降下してしまいます

また、長時間同じ体制で絵を描くことも健康に非常に悪いです。集中力と健康を鑑みると、最低でも1時間に1回は立ち上がって休憩することをお勧めします

かげひと
かげひと
私も、最長2時間ぐらいしか集中力が持ちません。3~4時間ずっと描いている人を見かけたことはありますが、あの人たちは化け物ですね…。

適度に休憩を取ることより、空っぽになった集中力を取り戻すことも可能です。先ほどの1時間に1回休憩に関しては、下記の本から参考にした行動ですので、良かったらぜひ試してみてください。

 

「初心者だから…」という変な遠慮は不要

さて、ここまで「デジタルイラストをスピーディに描くためのおススメの装備&行動」について紹介してきました。「ペンの持ち方を変える」と「休む」以外は、全てお金が絡む方法にはなってきます。

しかし、絵描き初心者の方こそ、初めのうちに装備はそれなりに良いものをそろえた方がおススメです

でも、私は描き始めたばかりだから、お金をかけるなんておこがましい…
もう少し上手くなったら買うつもりでいる…

こんな風に考えてしまいがちですが、もし手持ちのお金に余裕があるのであれば、購入を先送りにするよりも、「今」購入して装備を整えた方が結果的に画力上達も早くなります

例えば、現在手持ちに「PC用のディスプレイ1個」を買えるお金を持っている場合、今すぐ購入して装備するのと、ある程度上手くなると思われる3ヶ月後に購入する…
どちらの方が効率的でしょうか?

個人的におススメなのは前者の方になります。なぜなら、今すぐ装備を整えることができる=今すぐ作業効率を上げる事に繋がるので、購入する3ヶ月を待つことなく画力上達に活かすことができるからです。

もちろん、現在の手持ちのお金と相談しないといけませんが、お金はあるのに「3ヶ月後に買う」ことを決めていては、時間がかなりもったいないです。本気でイラストを仕事にしたいのであれば、「時間」を最優先してガリガリ練習していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「デジタルイラストをスピーディかつ効率的に描くためのおススメの装備行動」についてご紹介しました。

デジタルイラストはアナログと違って、装備する機器によって作業時間を大幅に短縮することが可能です効率化を図ることが出来る箇所としては、

  • パソコン自体を見直す
  • ペイントソフトを熟知する
  • デバイスをつける
  • ディスプレイをもう一つつける
  • ペンの持ち方
  • 休む

これらの装備行動が、イラスト制作の時短に繋がります。

「ペンの持ち方を変える」と「休む」以外はお金のやり取りが発生するため、個人のお金の事情次第にはなってしまいますが、もし、手持ちに機器を買うためのお金があるのに「上手くなったら買うことにしよう」と考えているのであれば、今すぐ購入してその機器を存分に使用する方が、時間をより効率的に費やすことができます

今回紹介した各機器については、本ブログでも詳しく説明していますので、気になった方はぜひ参考にしてみてください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは!

フリーランスイラストレーター
無印かげひと
「すっきりとしたエモいイラスト」を主体として、イラストやlive2D、動画制作、アニメーション制作も行っています。コーヒーとワインと無印良品が好き。