イラスト技法&練習方法

完成したイラストを即アップするな!?一度寝かせると良い話について

この記事では、以下のことについて解説しています。

●完成したらSNSに即投稿してはいけない話
●イラストは一晩寝かせる事で、よりより作品に仕上がる
●イラストと一旦距離を置くといい理由

かげひと
かげひと
こんにちは!イラストレーター
無印かげひと(@kage86kagen)です!

みなさんは、イラストを依頼者に納品したり、趣味で描いたイラストをSNSに投稿する時などにおいて、完成したら即投稿されるタイプですか?

長時間かけて描いたイラストを一刻も早くお披露目したい気持ち…、すごく分かります!早くみんなに見てもらい「いいね!」を頂きたいですよね。

でも、そういった時に限って投稿した後に、「なんだか顔が歪んでいる…」「ああ!配色がおかしい!」といったように後悔しがちです。

コーヒーさん
コーヒーさん
分かるわー。でも、修正するのも面倒くさいから「そのままでいっか、次回頑張ればいいや」ってなっちゃうよね。

こうしたように、せっかくイラストの違和感を見つけることができたのに、わざわざ投稿を取り消して修正するのは面倒くさい…と、多くの方は思いがちです。

れっきとしたお仕事のイラストであっても同様です。「これくらいの歪み、依頼者は気づかないでしょ…」「大丈夫、これも一つの”表現”だから…」と自分に言い聞かせ、クオリティに妥協してしまう方もいるのではないでしょうか?

これを繰り返していては、せっかくの成長のチャンスが台無しです!そんな方に癖づけて欲しいのが、記事のタイトルにもなっている「イラストをいったん寝かせる」という行動です。

今回のお話は「完成したイラストを即アップするな!?一度寝かせると良い話」についてご紹介したいと思います。

イラストを上手に描けるようになりたい!
投稿してからの「こうすればよかった!」という後悔を少なくしたい!
せっかく描いたイラストなのに、「いいね!」の評価が少ない!
といったように、特に「せっかち」さん向けの話になりますので、ぜひ参考にしてください!

完成したら即投稿したくなるよね

長時間かけて描いたイラスト。完成したら1秒でも早く、誰かに見せたくなりますよね
SNSに投稿する場合は、「いいね!」といった評価をもらいたい気持ちが募りますし、お仕事の場合もまたしかりです。

でも、いざ投稿をした後に自分のイラスト見てみると、「あれ?なんだか口の形がおかしい!?」などといった経験、絵描きの方なら誰しもが経験したことがあるのではないでしょうか?

完成直後はイラストの「違和感」に気づきにくい

イラストを完成した直後というのは、完成させた嬉しさでいっぱいになり、その時点で「イラストの違和感」に気づきにくかったりするものです

また、長時間同じイラストを眺め続けることで「脳内補正がかかってしまい、本当は腕や足などが「ありえない方向」に描かれているのに、「現実と同じ動きだな!上手く描けたぞ!」…と勘違いしがちです。

ワインさん
ワインさん
”作画崩壊”が起きているのに、完成直後はわりと気づかないものですよね。

イラストの画力を向上させるきっかけの一つとして、「自分のイラストに違和感を感じ、それを躊躇なく修正する」ということがポイントになってきます。この違和感の是正を積み重ねることで、客観的に「イラストが上手い!」と言われる基準に立つことができるのではないでしょうか。

こうしてみると、イラストの自己確認というのは本当に大事な作業になります。

完成したらイラストをいったん寝かせよう

自分のイラストをより良い作品に仕上げたい場合、完成したら「即SNSに投稿!」をしてはいけません!まずは冷静になり、いったんイラストを寝かせることがより良い作品への近道になります。

コーヒーさん
コーヒーさん
寝かせる…?

そうです!イラストを完成させたら、

  1. イラストを保存して、キャンパスを閉じる
  2. その後、約1日ほどそのイラストを見ないようにする

これを行えば、自ずと画力向上に繋がります

ワインさん
ワインさん
え…、それだけで絵が上手くなるのでしょうか?

これが意外と効果があるんですよ。イラストを寝かせることにより、なぜイラストが上手になっていくのか?以降から詳しく説明していきたいと思います。

「脳内補正」をリセットできる

先ほども少し出ましたが、長時間イラスト制作を続けているとイラストに見慣れてしまい脳内補正」がかかっています。脳内補正がかかってしまうと、例えば「明らかにキャラクターの目が離れ過ぎている」のに、その場ではまったく気づけない…という事態も起こります。

脳が、違和感を「問題無し」としちゃうんですね。

かげひと
かげひと
ありえない!と思われるかもしれませんが、実際に「左手を「右手」として描写し、完成してから見るとどっちも右手だった」…という経験をした方、少なからずいるのではないでしょうか?私も実際にやりました

そういった脳内補正をリセットする意味でも、完成イラストを少しほったらかしにしておくべきだと思います。その後、再度イラストを観察し、自分が違和感を感じる部分を修正する…といった方法を続けていくことにより、「第三者目線(客観的な目線)でイラストを見る力が養われていきます。

おススメは1日距離を置く

完成したイラストと一旦距離を置くという行動。
一番おススメの時間は、およそ「1日」です。1日も経てば、そのイラストに対しての「冷静な目線」を取り戻すことができるので、違和感にも気づきやすいです。

ただ、1日だと長いと感じる方は、「数時間」もしくはものの「数十分」でも十分効果があります。

イラストを完成させた後に少し休憩として数十分間イラストから離れ、その後自己確認を行う…といった感じですね。

短時間で再度確認を行いたい場合、一番いいのは「睡眠」を挟むことが有効です。数十分、お昼寝目を瞑るなどをした後にイラストを確認すると、スッキリした頭で確認することができるので、短時間でも「あ、ここの色がはみ出てる!」といった気づきをすることもできます。

かげひと
かげひと
私は、特に午前中に集中して絵を描いていますが、午前中にイラストを提出するのではなく、「お昼寝」を挟んだ後に再度確認→データを渡すようにしています。数十分離れただけでもかなりの効果がありますよ!

違和感を見つけたら必ず修正すること!

違和感は発見したけど、今さら修正するなんて大変だよ…

上記のような感情は何も不思議な事ではなく、おそらく多くの方が思っている事だと思います。せっかく完成させたイラストなのに、完成直後に修正するとなると気分も乗らないですよね

ですが、「違和感」を見つけただけでは画力向上は半分止まりです。大変ではありますが、そこから修正を行うことによって、そのイラストから得られる経験や知識がさらに倍になります

かげひと
かげひと
同じ過ちは繰り返しがちです。ここで見つけたイラストの違和感を「めんどくさいから次に頑張るよ」と後回しをしたところで、同じ間違いをする確率は高いでしょう。

そんな感じで「後ヘ後へ…」と後回しにしていくと、いつまでたっても「違和感」を是正することができません。大変だとは思いますが、違和感を見つけたその都度に修正していくことをお勧めします。

もし、SNSに投稿する時に「いいね!」を多く貰うことを目標としているならば、尚更修正を抜かりないようにしましょうイラストを見てるれる視聴者は、自分が思っている以上にイラストの完成度に敏感です。

「違和感」をどうしても見つけられない方は…?

完成後、イラストを1日置いて見たとしても「違和感」に1個も気づけない…。という方には、プロに添削してもらうのも一つの手段です。

添削作業を有料で行っている方もいれば、先着〇名まで無料!といったように、無料で添削の募集をかけているイラストレーターさんもいらっしゃいますので、自分のイラストを客観的に見るヒントを得るためにも、相談してみることをおススメします。

かげひと
かげひと
最近は、プロがプロに添削してもらうといった光景も多く見ます。イラストレーター成り立て方の中で、自分に自信がない方いつまで経っても仕事がもらえないという方は、一度プロに添削を頼んでみてはいかがでしょうか?

参考リンク先&書籍

今回お話した「イラストと距離を置く」話については、他のイラストレーターさんも意見を述べていました。そこで、今回の話に通じた参考となるリンク先や書籍を紹介したいと思います。

 

絵心浪漫絵ができた!そのままupはちょっと待って!イラスト自己チェック5つ

こちらの記事では、「イラストと時間を置いて自己確認」をする他に、様々な方法で自分のイラストを自己確認できる方法を紹介しています。リンク先の記事にも書かれていますが、完成したイラストは即投稿せず、一旦筆を置いて見ることをおススメしています。

 

 

こちらの書籍は、今年の春ごろに発売された絵の参考書になりますが、こちらにも「イラストを描いたら1日置いたほうが良い」ということについて触れられていました。これに関連づいて「イラストの修正」についても取り上げられているので、
これからイラストレーターを目指す
趣味として上手くなりたい
…といった方におススメの一冊です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「完成したイラストを即アップするな!?一度寝かせると良い話」について紹介しました。

長時間かけて完成したイラストは、すぐにSNSに投稿したりクライアントにデータを送付したくなるところですが、長時間作業による「脳内補正」により、イラストの違和感に気づきにくい場合が多いです

そのまま上げるともったいない…。そこで、「イラストを1日ほど寝かせておく」ことにより、頭がリセットされて「客観的に冷静に」イラストを閲覧することができます。そうすると、今以上に素敵な作品に仕上げることが可能です

ただ、「違和感を見つけたけど、次回気を付ければいっか」となってしまう方も多いかもしれません。それは永遠に後回しにしてしまうパターンに入ってしまうので、修正箇所を見つけたら即修正!これも癖づけておくと、確実に画力向上することが可能です。

イラストを1日寝かせておくことはいいことづくしです。1日とは言わずとも、数時間、数十分でも十分効果がありますので、画力向上を図りたい方は、「せっかち」な気持ちを抑えて試してみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは!

 

フリーランスイラストレーター
無印かげひと
イラストと動画編集を生業としているフリーランス。最近はMV制作を中心にお仕事しています。コーヒーとワインと無印良品が好き。