退職を目指して

退職を目指せ! でも 「イラストレーター」ってどうやってなるの?

こんにちは!無印かげひと(@kage86kagen)です。

このブログを立ち上げて早6日。
一からサイト作成なんてこのかたやったことがないので、見せられるページにするまで思ったよりも時間がかかりました。ブログ作りって、大変なんですね・・・。

ワインさん
ワインさん
学生の頃は、「エムペ!」とか「フォレストページ」など、自分のサイトが超簡単に作成できるサイトがありましたもんね。懐かしいです。
コーヒーさん
コーヒーさん
あんまり話すと年代がバレるぞ。

前回の記事では、退職を決めたきっかけをお話しました。
そこで、「そういえば、イラストレーターって、その時点でイラストレーターを名乗れるんだろう?」とふと疑問に思いました。

そもそも、「イラストレーター」って、どうやってなるのでしょうか・・・?

今回は、イラストレーターの基準及び、会社を退職した直後にイラストレーターになる場合の「下準備」を解説していこうと思います。

そもそも、「イラストレーター」を名乗る基準とは?

イラストレーター」は、公的な資格や免許がありません。

例えば、国家資格のひとつで「危険物取扱者」というものが定められていますが、「イラストレーター」という資格は存在しませんし、
絵関係の資格の一つ「色彩検定(公的資格)」を取得したから、「イラストレーター」を名乗れる!というわけでもありません。

コーヒーさん
コーヒーさん
つまり、自分が「イラストレーターだ!」って名乗ったら、その人はもう「イラストレーター」ってこと?

そうですね。極端な話、言ってしまえばそうなります。でも、それだとこの記事は終わってしまいますね(笑)
もうちょっと掘り下げましょう。

他の方も気になっているようで、「イラストレーター」を名乗る基準は実は曖昧なようですね。

引用になりますが、「イラストレーター」を名乗る基準について、面白いアンケートを発見しました。

名乗る基準は人それぞれみたいですね。決まり事もないみたいです。

ただ、イラストレーターは、依頼されたイラストの対価として、「報酬」をもらう=「仕事」になるわけなので、
個人的な意見としては、自分の絵が売れて金銭を受け取ったら、堂々と「イラストレーター」を名乗ってもいいのではないでしょうか?

今の自分に置き換えてみると、現在絵を売って対価を得ていないので、私はまだ「イラストレーター」ではない、ってことになります。

イラストレーターにも「種類がある」

イラストレーターにも複数の種類があります。
以下のカテゴリーに分類されることが多いようです。

  • デザイン事務所に勤務するイラストレーター
  • 一般企業に勤務するイラストレーター
  • フリーランスイラストレーター
  • 副業イラストレーター

この中でも、割合的には「フリーランスイラストレーター」が多めのようです。

フリーの魅力的なところは、なんといっても勤務場所が自由なところでしょうか。
在宅はもちろん、喫茶店や、コワーキングスペースで活動できる「ノマドワーク」(様々な場所で勤務する人の事をさす意味)が出来るということです。

ワインさん
ワインさん
勤務時間も自由なので、起床時間やら勤務時間やら、自分で自由に決めることができますね!

イラストレーターについては、他サイトにより詳細次項がありますので、興味がある方はぜひ調べてみてください。

おすすめはこちらのサイトです。
こちらのサイトには、「イラストレーター」として生き残るための戦略が載っています。とても有益な情報がたっぷり載っています。
イラストレーター生存戦略

イラストレーター成り立てはすぐに仕事が来ない

当然ですが、実績も名声もないイラストレーターに仕事が来るはずがありません
自分から積極的に「営業(自分の作品を使ってもらうため、企業等に売り込む)」を行わない限り、仕事は皆無に等しいです。

コーヒーさん
コーヒーさん
それこそ、よほどのことがない限り「スカウト」という夢のような話はそうそうないよね。

イラストレーターの一歩を踏み出すことで、私も今現在、退職するにあたって恐れていることがあります。

何が一番不安なのか?
それは、仕事を退職した後は、収入が「0円」になるということです

退職すると、毎月もらっていた収入が途切れてしまい、収入がないと生活もままなりません。これが一番の不安事項です。

ワインさん
ワインさん
退職した後も、「年金」や「住民税」といったお金も払っていかないといけないし、シームレスに収入をもらわないと大変なことになります。

退職後の無一文を防ぐためにも、在職中のうちに「下準備」を行うことがとても重要です。

退職後、食べていくための「下準備」とは?

収入を得ながらイラストレーターを目指すのと、無収入のままイラストレーターを目指す
どちらがいいかというと、当然ながら前者がベストですよね。
お金があるのとないのとでは、心の余裕もだいぶ変わってきます。

そのため、退職後わずかでも収入を得るために、現在行っている所得の「下準備」を紹介したいと思います。

貯金

所得の準備、というよりは、次の収入を得るための大事な綱です。退職後、ある程度無収入でも生きていけるよう、退職する前にはある程度の貯金が必要になってきます。

様々な意見がありますが、退職後「1年間~2年間」無収入でも暮らしていけるほどの貯金が必要になるそうです。このぐらいの蓄えがあれば、アルバイトで時間をつぶす必要もありません。目的のイラストレーターとして活動していけるということです。

そういうことで、私の現在の貯金ですが、1年間無収入でも生きていけるほどまで蓄えました。
しかし、この資金だけで乗り越えていけるのでしょうか・・・?

ストックイラスト(フォト)サイトの登録

ストックイラスト(フォト)」とは、あらかじめ用意された写真、イラストを購入し、使用できる「素材」のことです。

PIXTA」や「Adobe Stock」といったサービスをご存じでしょうか?
企業のプレゼン資料や、雑誌の挿絵など、わざわざ自社で描かなくても、予め投稿者が用意した「素材」を使用すれば、制作時間をカットできます。

こちらのストックフォトサイトに「投稿者」として作品をあげておけば、使用者に購入されて報酬が発生するといった、いわゆる「不労所得」による稼ぎ方をすることができます。

この「ストックイラスト」で活動しておけば、多少なりともお金を稼いできてくれるのではないでしょうか?
そこで、私も1ヶ月前から3社掛け持ちで始めてみました。

現在は100枚近く素材をアップしていますが、登録したてなので売れ行きはまだまだです。
現時点ではあまり頼りになりませんが、ストックイラストは素材の枚数継続することが大事ですので、辞めずに続けていこうと思います。

クラウドソーシングで依頼を受ける

クラウドワークス」、「SKIMA」といった、発注する側&依頼を受ける側がオンライン上でつながり、それぞれ仕事を依頼する&発注を受けるといった、フリーランスや副業を行いたい方にうってつけのサービスがあります。

こちらに「受注側」として登録して、イラストで出来る仕事(アイコン作成や、チラシの作成、キャラデザなど)を承ることができます。

未経験者でもできる案件が揃っており、やればやった分報酬ももらえます。実績を積むと、スカウトされる可能性も・・・?

ただし、こちらはある程度画力がないと、客を募ることは難しいでしょう

私はまだ登録しておりませんが、そろそろ登録をしてみようと思っています。

ワインさん
ワインさん
自分の「イラスト価値」を知れるきっかけになりますね。

「報酬」をもらったら、晴れて「イラストレーター」!

少し前に話した理論でいけば、フォトストック5枚ダウンロード=報酬が発生しているので、私も「イラストレーター」を名乗ることができます。

ですが、私にとって「フォトストック」はあくまでも「不労所得」の手段を取っているので、きちんとした依頼を受け作成した作品を相手方に納品しその対価として「報酬」を頂く・・・

この一連の流れができたら、私はイラストレーターを名乗っていこうと思っています。(あくまでも自分は。)

そのためにも、まずは退職することが必要です。
来るべきXデーまでに、しっかりとした下準備が要となりますね。まずは、貯蓄をコツコツしていかねば・・・。

コーヒーさん
コーヒーさん
無理し過ぎないようにね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

イラストレーターを名乗る基準は、実は定められていません
個人的な考えでは、イラスト作成を依頼され、その対価として「報酬」をもらえば、晴れて「イラストレーター」を名乗ることができると思います。

退職予定まで、残り半年・・・。退職するまでは、今やれるべきことをやっていき、将来はフリーランスイラストレーターとして生活できるよう頑張っていきたいと思います!
応援していただければ幸いです。

それでは、また!

 

P.S.
1ヶ月前からフォトストックを始めました!
これからどんどん素材をアップしていきますので、
よろしかったらご活用ください!


イラストレーターを目指す会社員(退職準備中)
無印かげひと
のんきでおっとりしたフリーランスイラストレーター。魅力的なイラストを制作します。コーヒーとワインと林檎が好き。