退職を目指して

退職を目指せ! でも 「イラストレーター」ってどうやってなるの?

こんにちは!無印かげひと(kage86kagen)です。

このブログを立ち上げて早6日。
一からサイト作成なんてこのかたやったことがないので、見せられるページになるまで実に6日かかりました。
やっと落ち着いたので、この記事もあげることができます。

ワインさん
ワインさん
学生の頃は、「エムペ!」とか「フォレストページ」など、自分のサイトが超簡単に作成できるサイトがあったもんね。
コーヒーさん
コーヒーさん
よせ、年代がバレるぞ。

前回の記事では、退職を決めた話をしましたが、
そもそも、「イラストレーター」って、どうやってなるのでしょうか・・・?

そもそも、「イラストレーター」を名乗る基準は?

「イラストレーター」って、公的な資格や免許がありません。
ですので、自分が「イラストレーターだ!」って名乗る基準が曖昧なようですね。

例えば、国家資格のひとつで「危険物取扱者」というものが定められていますが、「イラストレーター」という資格は存在しませんし、
絵関係で雰囲気が似ている「色彩検定(公的資格)」を取得したから、「イラストレーター」を名乗れる!というわけでもありません。

コーヒーさん
コーヒーさん
つまり、自分が「イラストレーターだ!」って名乗ったら、その人はもう「イラストレーター」ってこと?

引用になりますが、「イラストレーター」を名乗ることについて、面白いアンケートがありました。

名乗る基準は人それぞれみたいですね。

ただ、イラストレーターは、依頼されたイラストの対価として、「報酬」をもらう=「仕事」になるわけなので、
個人的な意見としては、自分の絵が売れて金銭を受け取ったら、堂々と「イラストレーター」を名乗ってもいいのではないでしょうか?

今の自分に置き換えると、絵を売っていないので、まだ「イラストレーター」ではない、ってことですね。

イラストレーターにも「種類がある」

イラストレーターにも複数の種類があります。
よくあるカテゴリーが以下のようになるようです。

  • デザイン事務所に勤務するイラストレーター
  • 一般企業に勤務するイラストレーター
  • フリーランスイラストレーター
  • 副業イラストレーター

この中でも、「フリーランスイラストレーター」が多めです。
フリーの魅力的なところは、なんといっても勤務場所が自由なところです。
在宅はもちろん、喫茶店や、コワーキングスペースで活動できる「ノマドワーク」(様々な場所で勤務する人の事をさす意味)も夢ではないのでしょうか?

ワインさん
ワインさん
勤務時間も自由なので、朝もゆっくり起きることができますね!

イラストレーターについては、他サイトが詳しいので、詳細についてはぜひ調べてみてください。

おすすめはこちらのサイトです。
こちらのサイトには、「イラストレーター」として生き残るための戦略が載っています。とても有益な情報がたっぷり載っています。
イラストレーター生存戦略

「私はイラストレーターになりました!」←すぐに仕事は来ない

当然ですが、実績も画力もないイラストレーターに仕事が来るはずがありません。
自分から積極的に「営業(自分の作品を使ってもらうため、企業等に売り込む)」を行わない限り、仕事は皆無です。

コーヒーさん
コーヒーさん
イラストレーター成り立ては、よほどのことがない限り「スカウト」はないよ。

そうそう、そのことで今私は、退職するにあたって恐れていることがあります。

何が一番不安なのか?
それは、仕事を退職した後は、収入が「0円」になるということです

退職すると安定した収入が途切れてしまい、生活もままなりません。

ワインさん
ワインさん
退職した後も、「年金」や「住民税」といったお金も払っていかないといけないし・・・

退職後の無一文を防ぐためにも、在職中のうちに「下準備」を行うことがとても重要です。

退職後、食っていくための「下準備」

収入を得ながらイラストレーターを目指すのと、無収入のままイラストレーターを目指す、当然ながら前者がベストですよね。

お金があるのとないのとでは、心の余裕さもだいぶ変わってきます。

そのため、退職後でもスムーズに収入を得るため、自分が行っている「下準備」を紹介します。

貯金

当たり前ですね(笑)。退職後、ある程度無収入でも生きていけるよう、退職前にはある程度の貯金が必要です。
私の現在の貯金額は、1年無収入でも生きていけるほどの蓄えがあります。

もちろん、この中には年金や住民税を払うためのお金も含みます。

ストックフォト(イラスト)サイトの登録

「フォトストック」とは、あらかじめ用意された写真、イラストを購入し、使用できるといった「素材」のことです。

PIXTA」や「Adoce Stock」といった名前をご存じでしょうか?
企業のプレゼン資料や、雑誌の挿絵など、わざわざ自社で描かなくても、予め投稿者が用意した「素材」を使用すれば、制作時間もカットできますし、すぐに制作したいコンテンツも完成できます。

こちらのストックフォトサイトに「投稿者」として作品をあげておけば、使用者に購入されて報酬が発生するといった、いわゆる「不労所得」による稼ぎ方です。

フォトストックは1ヶ月前から始めています。現在3箇所のサイトに登録しており、100枚近く素材をアップしていますが、登録したてなので、まだ5枚しかダウンロードされておらず・・・。(サイトによりますが、1枚約25円ほどです)

長い目で見ていく必要がありますね。

コーヒーさん
コーヒーさん
登録枚数が多いほど、報酬も増えていきそうだね。

クラウドソーシングで依頼を受ける

「クラウドワークス」、「SKIMA」といった、発注する側&依頼を受ける側がオンライン上でつながり、それぞれ仕事を依頼する&発注を受けるといった、フリーランスや副業を行いたい方にうってつけのサービスがあります。

こちらに「受注側」として登録して、イラストで出来る仕事(アイコン作成や、チラシの作成、キャラデザなど)を承ることができます。

未経験者でもできる案件が揃っており、やればやった分報酬ももらえます。実績を積むと、スカウトされる可能性も・・・?

ただし、こちらはある程度画力がないと、まともに取り合ってもらえません。

私はまだ登録しておりませんが、そろそろ登録をして、ある程度空気に慣れていこうと思っています。

ワインさん
ワインさん
自分の「イラスト価値」を知れるきっかけになりますね。

「報酬」をもらったら、晴れて「イラストレーター」!

少し前に話した理論でいけば、フォトストック5枚ダウンロード=報酬が発生しているので、私も「イラストレーター」を名乗ることができます。

ですが、私にとって「フォトストック」はあくまでも「不労所得」の手段。これだけで堂々と「イラストレーター」は名乗りません。

きちんとした依頼を受け、作成した作品を相手方が納得し、その対価として「報酬」を頂く・・・。

この一連の流れが生まれて、初めて私はイラストレーターを名乗ることができると思っています。(あくまでも個人的主観)

この流れが出来るようにするためにも、まずは「退職」が必要です。
そのためにも、来るべき退職日前までに、しっかりとした下準備が要ですね。
まだまだ「貯蓄」をしていかねば・・・。

コーヒーさん
コーヒーさん
無理し過ぎないようにね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

イラストレーターを名乗る基準は、実は定められていません。
個人的な考えでは、イラスト作成を依頼され、その対価として「報酬」をもらえば、晴れて「イラストレーター」を名乗ることができると思います。

そのためにも、退職後無収入でも生活してける備えが必要です。

退職予定まで、残り半年・・・。今やれるべきことをやって、将来はフリーランスイラストレーターとして生活できるよう、頑張っていきます!応援していただければ幸いです。

それでは、また!

P.S.
1ヶ月前からフォトストックを始めました!
これからどんどん素材をアップしていきますので、
よろしかったらご活用ください!


イラストレーターを目指す会社員(退職準備中)
無印かげひと
20代後半。本気でイラストレーターを目指すため、現在退職準備中。コーヒーとワインと林檎が好き。のんきでおっとりした性格。